ノンストレス!ストレスを溜めない人間関係を作る5つの習慣

性別年齢問わず「ストレス」は誰にでもあります。

しかし、人によってはストレスを微塵も感じさせない人や普通にしていても周囲から見たらすごくストレスを抱えていそうに見える人とさまざまです。

特に「人間関係」においてはストレスをゼロにすることは社会生活をする上でほぼ不可能でしょう。

でもストレスを溜めずに生活をすることは可能なのです。

ではっどうやったらそんな生活ができるでしょう。

今日は「ストレスを溜めない人間関係を作る5つの習慣」と題して記事をまとめていきたいと思います。

1.人を褒める習慣

Family in park

人が求めている欲求の中に承認欲求というものがあります。

簡単にいうと褒めてもらいたい、認めてもらいたいという欲求です。

もちろんあなたにも心当たりがあるでのはないでしょうか。

小さな子供が一つの言葉を覚えるだけで親はその子に「よくできたね」「お話上手になったね」と笑顔で褒めます。

子供は親に認められた、褒められたと感じ、もっと多くのことを学ぼうと思うのです。

これは自然な思考であり、子供に限らず大人でも同じことが言えます。

大人の場合は少し複雑ではありますが基本は認められたいということです。

であれば答えは簡単です。

相手を心から褒めてあげましょう些細なことでもいいです。

「その服とても似合ってますね」「いつも仕事頑張ってるね」「笑顔が素敵ですね」こういったことを言われると相手はどう感じると思いますか?

悪い気はしませんよね?

むしろ嬉しいと思います。

これがなぜストレスを溜めない人間環境を作るのかというと、人は自分を褒めてくれる人を重要視するからです。

そうすると自然とあなたに対して敬意をはらい、あなたが嫌がることやストレスを感じるような行動を周囲はしなくなります。

なぜなら、良い意味で重要視をしている人に対して攻撃的になる必要性がないからです。

これは私自身の経験からくる解釈ではありますが実際にそういった行動をしてみてください。

周囲のあなたを見る角度が極端に変わることでしょう。

ご家族でも職場の人でも誰でもいいので褒めてみてください。

きっとあなたはその人にとって重要な人物になりその人と良好な関係を築くことができるはずです。

スポンサーリンク

2.話を聴く習慣

私は以前、人に褒められたい・認められたいという気持ちが強く、自分は今までこんなことをしてきた。

あんなこともできるといった感じで自分のことをベラベラと話していました。

その時、気がついたことがあります。

それは私の話を聞いている相手の表情が楽しそうでなかったのです。

私はその人の表情が忘れられず、なぜあの表情になったのかを真剣に考え色々な本を読み漁りました。

そこでわかったことはすごく当たり前のことでした。

それは人は自分の話を聴いてもらいたいということでした。

これはストレスにも関係していて自分の話を聴いてもらい、それに共感をしてもらうことで脳が幸福を認識するそうです。

そしてその人を自分にとって重要な人ではないかと感じるそうです。

男女関係においても言えることです。

よく「聞き上手はモテる」と言いますよね。

これは相手の話を真剣に聴きそれに対して共感するといったことが上手な人ほど、相手は「この人は私に好感を持っている・興味を持っている」と認識して自分もその人を大切な人という位置付けに置くということです。

ここまでの話してストレスを感じる要素はどこにもないはずです。

結論をいうと人の話を聞き相手に好感を持ってもらうことでストレスといった概念がない状態で人間関係を構築する方がよっぽど楽なことです。

そして、ストレスが溜まらない方法でもあるのです。

なので会話が始まったらまずは相手の話をよく聴くところから始めましょう。

スポンサーリンク

3.挨拶をする習慣

会社に出社したら「おはようございます」とあいさつしますよね。

ここでいう挨拶をする習慣とは少し工夫をした方法です。

それは「○○さんおはようございます」といった感じで挨拶の前に相手の名前をつけることです。

もちろんこれはコミュニケーションにもなりますが、相手に自分の存在をきちんと認識してもらうことでもあります。

人間心理で「名前」というものはすごく重要なことであり、名前を呼ばれることでその相手を良い意味で意識するのです。

日常的な行動が蓄積していくことでそれが相手の好意につながります。

ストレスとは他者からの圧力や嫌悪感などからくることもあるのですが相手に好意を持ってもらうことでその思考へ陥ることを未然に防ぐことができるのです。

本当に些細なことではありますが意外にその効果は絶大です。

是非、毎日の習慣に取り入れてみてください。

4.他責から自責に変える習慣

仕事のミスやトラブル、こういったことは誰しもが起こりうることです。

しかし、そういった場面で他人の責任にしたりすることはとても危険なことです。

理由はいくつかあります。

それはまず、他人の責任にすることで自分の落ち度に気がつくことができず同じミスを繰り返す可能性があること、責任を他人に置くことで責任を負わされた人から嫌われることなどがあります。

これは人間関係に一発で亀裂を生みます。

どんなに相手に非があったとしても「自分には非がなかったのか?」ということを心の中ででも考え直しましょう。

そういった思考が働くと自然に責任を他人に押し付けることはしなくなります。

なんでも自分の責任と思ってしまうと逆にストレスが自分に降りかかってきますので思考のバランスは取る必要がありますが、とにかく他責思考は身を滅ぼす可能性が高いので要注意です。

5.自己肯定の習慣

仕事やプライベートなどで他人と自分を比べることはありませんか?

綺麗な彼女を連れている友達、同じ歳で高級車に乗っている同級生、自分より評価をされている同僚など他人と比べると「自分はなんて価値のない人間なんだろう」と自己嫌悪に陥る人もいます。

このスパイラルが自分へのストレスを増長させるのです。

まずは今のありのままの自分を認めてあげましょう。

欲しいものを手に入れるのはその後です。

人の欲求は限りがありません。

本当に欲しいものだけを手に入れるのは難しいことではないのです。

なので今の自分は本当は何が必要なのか?

どうしたらそれを手に入れられるのか? をその後に考えてください。

自分を肯定することで本来の自分の立ち位置とこれから向かうべき方向は自ずと見えてくるものです。

いかがでしたでしょうか。

人にはストレスと欲望がたくさんあります。

それをプラスに変えて自分の原動力にするのかマイナスに捉えてどんどん落ち込んでいくのかはあなたの思考次第です。

可能な限りプラス思考でいることで限りなくストレスを溜め込まない生活ができるようになりますのでこの記事を参考にしてください。

今回の記事は私の個人的な経験からの構成になっていますの。

この習慣以外にもあなたオリジナルのストレスを溜めない人間関係を作る習慣を見出してみるのもいいいかと思います。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事