Secret-side-job

副業をしたいけれど会社にバレてしまうとクビになってしまう。こんな悩みから副業を始められない人がたくさんいます。働き方改革で政府が副業を推進しているにも関わらず、多くの地方企業や中小企業はいまだに副業を禁止しています。しかし、給料は上がらない、これからの将来が不安な中何かしらの対策をしていかないといけないと思う人がいます。そんな中で今日は私が実践している「会社にバレない副業の仕方」をご紹介します。この方法が年間で最低20万円程度の利益と1千万円以下の売り上げが副業で稼げるのであればリスクがない方法です。

1.副業がバレない様にする方法とは

結論を先にお伝えします。それは「自分だけの一人法人を設立する」です。役員もあなた一人、資本金は1万円くらいでいいでしょう。ちなみに私は資本金5万円で会社を立ち上げました。私の場合は何で副業を始めるか決める前に会社を作りました。これによってのメリットは「自分に主導権のある第三者(法人)に売上(お金)を流し込む」という方法です。

意外かもしれませんがこれが一番安全な方法だと思います。年間の費用も売上が1千万円以下であれば消費税は免除できますし、コスト的にかかるのは年一回の決算時期に税理士に支払う決算代行費用の約10万円と法人住民税の7万円くらいです。先々のことを考えれば法人を1社持っているだけでもかなりのメリットがあります。

スポンサーリンク

2.法人を運営するためのポイント

運営といってもあなた一人しかいない会社です。見栄を張る必要もありませんし、毎日副業で売上というプレッシャーに追われる必要もありません。ただポイントは会計をしっかり記帳すること。お金の流れをシンプルにすることです。初めて会社を立ち上げるときに間違ってしまうのは「あなた個人のお金と会社のお金は別物」という認識が薄いことから、会社の通帳のお金を必要以上に出し入れしてしまい決算の時にお金の流れが分からなくなってしまうことです。なので会社の通帳の出入金は必要最低限に抑えて、お金が動いた都度、通帳に鉛筆で何で使ったか? どこからお金が入ってきたかを書きこむことをオススメします。記憶頼りにしてしまうと必ず忘れてしまい収支が分からなくなって焦りまくります。

スポンサーリンク

3.合同会社で細々と始めるのが一番

皆さんは「合同会社」って聞いたことはありますか? ちなみに有名な会社ではGoogleやamazonが合同会社です。合同会社は設立資金が株式会社よりも安く済みます。確か私が合同会社を設立した時は10万円くらいでできた記憶があります。社員を雇わないことを前提であれば簡単に定款や登記ができる法人の種類です。そして最もメリットがあるのは「有限責任」になることです。基本的に資本金額があなたの有限責任額なのでもし何かしらのトラブルがあった時に損害や訴訟を起こされても倒産しても資本金額があなたの責任の範疇になります。もしこれが個人であれば「全額」が責任額になるので一気に自己破産しなければいけない場合がありますので、そういったリスク管理にも有効ということです。

4.自分の会社からは「お金」を貰わない

Secret-side-job

前提として副業で稼いだお金は自分では使わないという様にしましょう。なぜなら自分の会社から給料としてお金をもらってしまうと「所得」が発生して会社にバレてしまうからです。ではどうしたらいいのかというと、固定費を会社経費にすることです。副業を始めれば自家用車で打ち合わせに出かけたり出張にもいくでしょう。ミーティングで飲食をすることもあるでしょう。プライベートの携帯を副業で使うこともあるでしょう。そういった黙っていても支払わなければいけないコストを「損金計上(経費)」として自分の会社に払ってもらうのです。そうすると今まで自分の財布から出て行ったお金が今度は会社の財布から出ていくというお金の流れになります。そうすることであなた自身の収入は増えなくてもあなたが今まで支払ってきたコストを減らすことができるのです。

5.自分の会社を設立するときの心構え

法人とはある意味、一国一城の主人になると考える人がいますがその思考はとても危険です。なぜなら「勘違い人間」になってしまうからです。私もそんな錯覚に陥り失敗をしたことがあります。会社員を長く務めていると「社長=偉い人」という認識を持ってしまい態度が横柄になったり、お金の使い方が荒くなります。お酒や女性に見栄を張り、必要以上にお金を使い出すことがあります。これらは根本的に間違いなのです。だから私は今の法人の名刺には「代表」や「代表社員」という肩書は一切入れずに個人名と会社名と連絡先のみを記載しています。あくまであなたがこれから立ち上げる会社はあなたを守るため、稼がせるための「入れ物」でしかありません。そこの認識を見誤らない様にしましょう。

6.これ以外の「会社にバレない副業方法」とは

自分の会社を持たずに副業をバレない様にやるために方法は確かにあります。家族の誰かの収入にしたり、確定申告を個人でやったり、住民税の支払いを「普通徴収」にしたりといろいろやり方はありますが、ハッキリ言って面倒くさいのとやり方がグレーな感じがするので私はやりませんでした。だって家族を巻き込んだり、毎年ハラハラしながら確定申告をするのはいらない手間だと感じたからです。

7.絶対にやってはいけないこと

最後に絶対にやってはいけないことをお伝えします。それは「借入の連帯保証人になってはいけない」ということと「自分の会社のことを誰にも話さないこと」です。まず、どんなに成功すると思っている事業でも初めて会社をやる人が成功させる可能性は極めて低いです。それに加え「大きな資金」が必要なビジネスをする時に借入が必要な時、金融機関から連帯保証人を求められても応じてはいけないことです。大概このパターンで会社は資金繰りができなくなり倒産アンド自己破産になります。借入以外にも車の購入や複合機などのリース契約も同じです。資金繰りがギリギリな時は絶対に連帯保証人になってはいけません。あとは、「自分が会社を経営していることを外部に漏らさない」ことです。そもそも、あなたが会社をやっても他の人には関係のないことです。自分の承認欲求を満たすためにベラベラと自慢げに言い回る様なことはやめた方がいいです。どこかのタイミングで足元を掬われるからです。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事