【婚前契約】結婚する前に知っておきたい婚前契約(プレナップ)

今日は日本ではまだ馴染みの少ない結婚前に交わす「契約」に関して記事をまとめたいと思います。

契約とは結構重々しい感じはしますがヨーロッパでは結婚=契約といった捉え方をする地域もあり、お互いに合理的な手段とも言えます。

そういった考え方は日本にも浸透してきており日本でも法律事務所等でこういった結婚に関する契約書を作成してくれるところもあります。

この契約書はもちろん法的効力もあり、万が一「離婚」をすることになったとしてもこの契約書をもとに離婚手続きを進めることができます。

離婚をする際には思っている以上に労力を必要としますのでもし事前に契約を交わせるのであればあった方がいいものではないでしょうか?

これからの「結婚」には必要なものの一つになるかも!!

婚前契約(プレナップ)

romantic beach wedding at sunset

婚前契約とは別名「プレナップとも呼ばれ、アメリカやヨーロッパの慣習でした。

現在では少しずつ日本でも認知され始めました。

これは結婚前に結婚に関してのルールを全般を定義した法的拘束力のある契約書を交わすことでより結婚生活に対して真剣に取り組むことになります。

内容としてはお金(収入の分配や借金など)に関してのこと、家庭内暴力(DV)が起きた時のこと、浮気をした時の対処の仕方などが主な取決め事項でしょう。

その殆どが二人の良好な関係を一方が不健全な状態にした時にどういった対処をするといったことになります。

例えば浮気をしたら〇〇万円払うとか、家庭内暴力があったら〇〇万円払うなどでしょう。

「お金が解決手段?」と思うかもしれませんがDVや浮気は立派な離婚原因です。

言い換えれば慰謝料のようなものを事前に決めることでこういう関係にならないようにする抑止力としての効力があるのかもしれません。

この他にも収入の何%を家庭に入れるや最低いくらを貯蓄するなど現実的な内容が具体的に決められます。

私自身「婚前契約書」を交わしてはいないのですが、こういった具体的な内容をもとに結婚をすることは悪いことではなくむしろとても合理的なことなので必要なことではないかと感じています。

結婚しても他の相手を好きになってしまったり、実は相手がDVをする人だったりと何が起きるかわかりません。

自分の身を守ることと同時に相手に対しても契約に反しない対応をするように心がけをする、良いことだと思います。

スポンサーリンク

夫婦財産契約

Newlyweds with guest on their garden party

次に財産のお話です。夫婦財産契約をご存知でしょうか?

ほとんどの方はご存知ないと思います。

なぜならこの「夫婦財産契約」は締結に様々な制約があり法律的解釈も厳密に設定しないといけない少し難しい契約だからです。

なので日本では毎年約10件程度の件数でしか結ばれていない契約です。

ではこの「夫婦財産契約」とはどういった契約なのでしょうか?

夫婦財産契約は主に財産に関する夫婦間のルールを設定する内容になっています。

こうすることで想定外の結果やトラブルになることを未然に防ぐことができます。

しかし、この夫婦財産契約を交わす際にはいくつかの注意事項があります。

結婚前にしか締結できない(民法755条)
第三者に対抗するためには登記が必要(同756条)
結婚後は原則的に内容を変更できない(同758条・759条)

結婚前に締結して結婚後はそれを変更できないということです。

結構面倒ですね。

あと日本では離婚=悪いことというのが常識化しているのでそもそもこの話をすること自体NGなのです。

ただし、年の差のカップルで一方が財産と成人の子供がいる場合、再婚で若い女性と結婚する際にはこの「夫婦財産契約」を交わすことで周囲の賛成を得やすいということも考えられますね。

財産目当ての結婚ではないという証明になるかもしれないですね。

私の友人の話ではあるのですが一組だけこの婚前契約を交わして結婚したカップルがいます。

夫の方は世間でいう資産家で奥様もご自身の収入だけで生計が立てられるくらいの財産を持っている夫婦です。

私はなぜ「契約を交わしたのか?」と質問したことがありました。

この夫婦は「最悪を想定した契約ではなく、お互いに築いてきた財産の所在をはっきりさせるための契約」といっていました。

その一言で私は納得できたのですが、みなさまはどう考えますか?

正直なところ自分で築いた財産は自分のものだ。

と思う方もいるでしょうし、自分の財産は家族との共有財産だと思う人もいるでしょう。

考え方は人それぞれです、こうった財産に対する考え方をしっかりと理解してくれるパートナーと結婚できたら最高ですね。

ちなみに私は財産共有した方が個人的にはいい方ですね。

なんかその方がストレスを感じないタイプかもしれません。

いかがでしたでしょうか? 今までの感覚とは違い、法的効力のある契約を交わすことでもし両者の関係が悪化し最悪「離婚」という結果のなったとしてもこういった「契約」があることでお互いの精神的な負担は軽減されるものだと思います。

しかし、この契約は本来、そうならないための抑止力として活用するといった面もあると思いますので是非参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事