Poverty-Text-to-make-money

将来のお金の問題を今のうちから解決できるようにしたい。目先のお金よりも、もっと計画的にお金を稼ぎたい。そんな人が理想にする新たな収入源をご紹介します。まずはじめに、「ラクして稼ぐ」「空き時間で簡単に」などの甘い言葉はこれからの記事には一切ありません。本気で新しい収入源が欲しいと思う人だけが手に入れられる方法がこれから先に書かれています。

その代わり、これらの方法には殆どお金を使わずにほぼノーリスクで大きな収入を得る方法でもあります。最近の「副業ブーム」で株式投資やFX、仮想通貨、不動産投資がネット上で前面に押し出されていますが、それらは実家が金持ちであったり、原資(資本金)が十分にあり、その分野での専門知識が備わった人だけが成功できる方法です。これからの記事に対象者は「貧乏サラリーマン」が経済的な問題を「文章を書く」という努力で解消する方法です。

1.ブログでアフィリエイトやアドセンス広告収入を得る

自身でテーマを決めてブログサイトを立ち上げ、見てくれる人が広告をクリックすることで発生する「アドセンス収入」とブログ上にお勧めしたい商品リンクを貼り付け。そこから購入してもらうことで販売額の数%を収入にする。これらで収入を得るために最低限必要な努力は

「ワードプレス 」:基本操作や仕組みを理解する
「SEO対策」:狙ったキーワードでGoogle検索上位表示をさせる対策方法を学ぶ
「画像編集」:アイキャッチ画像を見る人の注意を引く画像を作る能力
「文章を書き続ける」:学習するよりも型にはめた文章を書き続けられる根性

これらはあくまで最低限のハードルです。しかし、最大の問題は「始める」「続ける」ということです。私自身もそうでしたが半年前まではまともな文章を書いたことがありませんでした。手紙すら人生で一度も書いたことがない低所得者層のサラリーマンである私がこうして毎日3000文字を書いています。今ブログで稼いでいる人のほとんどが「稼ぐためのコツは書き続けること」というくらいです。なぜなら、ライバルは自ずと減っていくからです。続ければ続けるほどライバルは減っていきます。とても大変な作業ですが時間をかけて着実に収入を増やせる方法です。

スポンサーリンク

2.Amazon「kindle」でWeb書籍を販売する

意外な盲点として最近注目されているのが電子書籍の販売です。文章を書くことに抵抗がない人であれば努力次第で収入を得ることができる分野です。普通の本であれば約10万文字を書かなければいけないのですが、kindleであれば1万文字でも書籍として販売できます。ジャンルも幅広く「小説」「ノウハウ」「美容」など自分の好きな分野でチャレンジできます。最近では「ビジネス系」の書籍が求められている傾向にあるようです。これらの収入を得るためには以下の努力が必要です。

「ネット・パソコンの基礎知識」:kindleで出版するための基本的なパソコンの知識
「マーケティング知識」:求められている分野の選定と内容を見つける
「文章力」:伝えたいことを伝えるためにわかりやすい文章を書く能力

項目は少ないですがやること満載です。また、kindleを集客媒体として文中に自分のメディアを差し込むことで一つの流入元にすることも可能です。これもブログ同様始めることが肝心です。文章をかける環境を整えチャレンジすることが最初の一歩になります。

スポンサーリンク

3.キャッチコピーや商品ライティングを作成する

Poverty-Text-to-make-money

単発の収入にはなりますが、これらの能力はこれからもっと求められていくでしょう。インターネットの普及で個人や小規模事業主が自分の商品を売り始めています。でも、なかなかうまく商品を売ることができない。そんな時に人の目を惹きつけるキャッチコピーや商品説明文を書ける人が必要になります。これらで収入を得るためには下記の努力が必要になります。

「トレンド情報収集」:世間で何が求められているか?何が流行っているのかの情報を常に把握する
「文章力」:限られた文字数で最大限に人を惹きつける文章力
「セールス力」:クライアントを見つけるための営業力
「プレゼン能力」:最高のコピーを最高の演出で提案するの能力

ここで安心してもらいたいのは「営業」といっても飛び込み営業や相対での折衝ではありません。ネットで「お手伝いをしたい商品や企業」に対して「メールを送る」という作業です。問題はそこにどんな文章を書くかということです。駆け出しのことろは実績も必要になります。2.3社くらいは実績作りのために低価格でコピーを書いてみましょう。

絶対に「タダ」ではやってはいけません。理由は「高単価でコピーを売れなくなる」からです。そして、この手法の有利なところは事前にコピーを考えられるからです。提案先の企業は既にネット上に商品の情報を掲載しています。なので大枠でのコピーはそこで決められます。準備周到で提案することがコツです。

4.ダイレクトレスポンスマーケティングでほぼ不労所得

「DRM」という手法はご存知でしょうか? これは「ダイレクトレスポンスマーケティング」と言い、顧客自らが反応して商品やサービスを提供できるようにするという方法です。夢みたいな話ですが、実際に多くの人は毎日溢れるくらいの広告を目にして、お金を使っています。その商流に自分が飛び込むのです。個人的にはこの「DRM」が最高に難しく、そして最大級の努力が必要な分野だと思っています。

私の知る日本人マーケッターで石崎力也さんがいますが、やはり話す内容はしっかりしたロジックで人の行動心理に合わせた手順で商品購入までのプロセスと構築しています。この能力があれば売れないものはなくなるとまで感じました。私が思う限りこの「DRM」を習得するためには以下の努力が必要です。

「行動心理」:商品を販売する時、人が買うことを躊躇するのには不安や不信感があるからです。それを解消して購入に導くためには人の行動心理を理解する必要があります。
「マーケティング」:何を売り出せばいいのか? プロダクトアウトやマーケットインについて知らないと失敗する
「文章表現力」:魅力を感じさせる文章を書けなければ、商品は購入されません。

これが最低限必要な知識と能力になります。果てしない学習量ですが、習得した後に返ってくるリターンはかなり大きいものになるでしょう。

5.たった一つの注意事項

これまでご紹介した方法に共通して言える注意点があります。それは「行動しながら学習すること」これだけです。やって初めて改善すべき問題が見えてきます。勉強ばかりしてもお金は入ってきません。行動することが全てです。

マーケティングに関するオススメの書籍一覧

1.究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル

2.新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

3.不変のマーケティング

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事