体の衰えを感じる40代 これからの人生を楽しむための生活習慣

30代後半を過ぎ40歳を過ぎると少しずつ体の衰えを感じ始めます。

朝起きるとなんだかダルい、胃がムカムカする。

仕事をしていても疲れやすい、太ってきたなど自分の体の変化に気がつく瞬間があるはずです。

少しでも健康を気遣う人であればサプリメントや栄養補助食品を飲んでいたりしますが大抵の人はその含有量が適切かまでは確認せずに常用しています。

それでは自分にあった体調管理は難しいですよね。

そもそもお金で解決する前にもっと大切なことがあるのです。

それは「生活習慣」です。

今日は生活習慣をどのように変えれば今後の人生において健康で充実した生活を送ることができるのかを記事にしていきたいと思います。

1.朝のルーティンを変化させる

多くの人は朝78時の間に目を覚まし一日の活動を始めます。

そして朝食も食べずに身支度をして会社へ出勤をする人も多いですよね。

日本人の平均通勤時間は約40分、会社に到着するとそのまま業務が始まります。

私もこのような平均的な時間サイクルで会社員をしていましたが35歳を過ぎてから時間の使い方を変えました。

それはいつもより起きる時間を2時間早めるようにしたことです。

私は毎朝5時~5時半に起床します。

その後朝食は摂らずにまずはパソコンの前に座ります。

そして今日やるべきタスクリストを作成して出勤までの1時間、全力でタスクをこなしていきます。

人間の脳は朝起きてから3時間が特にパフォーマンスが高いという研究結果が出ており、私もそれに習って習慣を変えるようにしました。

結果的には昼間余裕のある行動ができるようになり、残業もすることはなくなりました。

私のように自宅で仕事のできない人もいると思いますが、直接的な業務をできない人はその時間に何かの「学習」や「読書」をすることで時間を有効活用できるでしょう。

スポンサーリンク

2.運動を毎日する

さらに朝の時間を有効活用するために私は1時間タスクをこなした後、スポーツジムに行って汗を流しています。

人によっては夜に運動をする方が効果的な人もいますが試してみた結果、私は朝方の体質のようでしたので6時から7時の間に運動をするようになりました。

正直30代に入ってから体重は増え続け若い時よりも痩せずらくなっていたのでいつかはダイエットをしようと前々から考えていました。

しかし、以前の生活習慣ではジムに行ったり運動をする時間を確保できなかったのです。

そこで考えたのは1日を「26時間」にする方法です。

物理的な話ではなく習慣的な時間軸での話にはなりますが人よりも仕事とや睡眠時間を整理することで自分だけの時間を作り出すということをしました。

その結果、私は毎日1時間は運動をする時間を確保できるようになりました。

スポンサーリンク

3.趣味の時間を確保する

人は趣味がない人よりも趣味のある人の方が幸福度が高いという記事を以前見かけたことがあります。

私の趣味は「カメラ」と「旅行」と「畑」です。

しかし毎日の時間配分がザックリだとこういった趣味の時間を確保することは難しいのです。

朝起きて会社に行き仕事をして夜8時くらいに帰宅をすると後はお風呂と食事をしてテレビを見て寝るといったパターンでしょう。

これでは趣味の時間は作れません。

一番簡単な方法はいつものルーティンのどれかを趣味の時間に置き換えることです。

私は「テレビ」を置き換えました。テレビを見ているとあっという間に時間が過ぎてしまい気がつくと23時くらいになっている人も多いはずです。

テレビをなくすことで帰宅してからの3時間がフルで趣味の時間として活用できるのです。

少し強引かもしれませんが試してみる価値は大いにあります。

ちなみに今、私の家にはテレビはありません。

4.食事の時の会話を楽しむ

生活習慣を改善することの一つに今過ごしている時間をもっと充実させることも含まれます。

それは「会話」も含まれすのです。

思い返してみてください、普段あなたが家で食事をしている時に会話は十分なくらいありますか?

外食をしている時に会話を楽しんでいますか?

私はイタリア人の友人から日本人は食事の時に会話がないことにすごく違和感を感じたと言われたことがあります。

確かに日本人の食卓は比較的会話が少ないように感じられます。

外国では食事はコミュニケーションの場でありその人1日を食事を介して共有する習慣があるようです。

そうすることでもっと他人のことを理解してより良い人間関係を築くきっかけにするのです。

それを聞いてから私はもっと食事の時間を大切にするようになりました。

面白い話をして相手を笑わせたりするのではなく、食卓を共にする人が今日1日何があったのかを聴いたり自分の体験を共有した入りするだけです。

しかし、この些細な共有を積み重ねることで友人や家族の考えていることや求めていることを察知できるようになったり、感情を共有することでお互いに良き理解者に変わっていくといったかけがいのない時間を過ごすことができるようになりました。

5.添加物の多い食品を減らす

みなさんご存知ですか?世界一食品添加物の種類が多い国は「日本」なのです。

アメリカは130種類、ドイツは64種類、イギリスは21種類、そして日本は1500種類以上なのです。

私は大のジャンクフード好きです!ハンバーガー、ポテトチップス、シェイク、たこ焼き、クレープなど甘いものから塩辛いものまでなんでも好きです。

結果、血圧は高くなる・太る・老けるといいことは何もありませんでした。

そもそも添加物いっぱいの食べ物を食べていいことといえば、一時的な満足感を味わえることだけでデメリットの方が遥かに高いのです。

「わかっていてもやめやれない」という人も多いでしょう。

いきなりゼロにしてしまうとストレスが溜まってしょうがないので1週間ジャンクフードを我慢しましょう。

それを繰り返していくとジャンクフードに目がくらまなくなっていきますよ。

 

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事