Person-who-deceive-you

お金持ちになりたい、社会的な地位を手に入れたい、なんでもいいからビックになりたい人は取り敢えず「会社を作れ!」起業することがその第一歩です。しかし、起業をすると面白いくらい色々な人が集まってきます。はじめのうちは浮かれて無差別に名刺交換をすることでしょう。

でもある期間を過ぎると「関わる人の選別が必要」と思い始めます。それは自分にとってメリットのある人かデメリットのある人かを分ける必要が出てくるからです。なぜその必要があるかというとデメリットのある人はあなたから金銭的・メンタル的な負担を強いられるリスクがあるからです。

それは人口の多い地域に行けばいくほど増えていきます。もちろんチャンスもたくさん転がっていますが、それ以上にあなたを食い物にしようと企む人もいるのです。

1.一緒に何かやろうと誘う人

面識の浅い人から「今度一緒にビジネスをしよう」なんて声をかけられたら要注意です。なぜならそういった人は息を吐くかの如く誰にでもこのセリフを言う人だからです。ためにしその話に乗ってみてください。

話が中盤に差し掛かる段階で「いくらまでなら出資できる?」「この契約はあなたが名義人になるけどいい?」なんてことになります。面識の浅い人や初対面でビジネスをしようとする大半の人は安定した経済基盤を持っていない人が多く、それを他人で補填させようと企む人です。

声をかけてきた人の本当の目的はあなたとビジネスをするということではなく「あなたからいくら引っ張れるか?」が目的なのです。一緒に始めるビジネスなど当ればラッキーとしか考えていません。

独立した経済基盤のない人はそれを補填させるために他人を利用する人

スポンサーリンク

2.夢を語り出資させようとする人

あなたを踏み台にしようと企む人の共通点は夢を語ることが上手ということです。こういう人はとにかく話し上手です。そしてそういった人の特徴は、自分で何かを成し遂げた実績がほとんどないことです。

今まで大手企業に勤めていたときに3ヶ月で事業を軌道にのせたとか、以前は会社の役員をしていて年俸2000万円貰っていた、など何かの枠組みの中でしか結果を出してきたことのない人です。本当に信用できる人は自ら過去の実績や栄光を語ろうとしません。

なぜなら、それは過去のものであり、重要なのは今から未来のことだと知っているからです。反対に偽者は過去の栄光と少ない実績をあたかも自分の力で成し遂げたように話してあなたから信用を得ようとします。

その先に待っている言葉は「ビジネスが上手くいったらあなたは今の環境から抜け出せる」「お金が稼げるようになったら家族に贅沢をさせられる」など「なったら」という仮定の話をします。それまでのプロセスの話は一切ありません。ないというよりも「話せない」のです。

だってあなたを騙そうとしている人にはプロセスは不要なものであり、目的はあなたから「出資」させることなのですから当然です。そして「出資」とは失敗したら返さなくていいお金と認識しています。ということはお金を騙し取られても真偽を問えない状況にあなたはこれから追い込まれるのです。

具体的なプロセスを話せない人のビジネスプランは「空っぽ」なので出資には要注意

スポンサーリンク

3.安く仕事を請け負わせようとする人

ビジネスを始めたときに欲しいものは「実績」です。新規で顧客を開拓したり、電話でアポイントを入れて商談をしてコツコツと実績を積み上げて行かなくてはいけません。例えばWeb制作のビジネスを始めたら制作実績があった方が商談しやすいですよね。

この段階の人の前に現れやすい人は「安くまたはタダで仕事を請け負わせようとする人」なのです。まずこういった人に対しては程よく距離を開けることです。なぜなら、安く請け負わせようと企む人は「表面上の善意」で接してきます。

例えば「実績がないのであれば私の会社のサイトを作ってそれをサンプルとして営業ツールにしていいよ」とか「デザインサンプルとして私の会社のロゴを作ってみたら?」などあたかもあなたのビジネスに協力する姿勢のように接してきます。でも実際に納品してみるとお金を払いません。

そしてそのまま他の仕事まで押し付けてきます。一度対応しするズルズルと関係が続いてしまうので注意が必要です。そもそもビジネスにおいての実績とは報酬が伴うのが当たり前です。この基本的な考えを持っていない人とは初めから関わらない方が身のためです。

報酬の伴わない実績は無意味なことであり信用できる人は報酬を提示した上で仕事を依頼します。

まとめ

「うまい話には裏がある」という言葉がありますよね。その言葉の通り世の中にはあなたに不利益をもたらそうと躍起になっている人たちがいます。そしてそういった人たちは悪いことと認識していません。もしあなたから預かった出資金を溶かしてしまっても「残念だった」「ダメだった」の一言で済まそうとします。

実力以上の過大表現でとても力がある人のように見せてくる人もいます。善意という言葉であなたを利用しようとする人もいます。こういった人たちに惑わされないためには「自分のビジネスの軸をしっかりと持つ」ことです。そして自分以外に依存するビジネスではなく、自分でコントロールできるビジネスを確立することが大切です。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事