親子関係の悩みを解消させるための5つの方法

思春期を迎える子供を持つ親は何かと気を遣ったり、言葉を選んで接するものです。しかし、本当に大切なことは普段からの接し方や子供の成長に合わせた親の目線が重要です。

それらを適切に判断し子供と接することで親子関係に悩んだときにそれを解消するヒントをすぐに見つけられるようになります。今日は親子関係の悩みを解消させるための5つの方法をご紹介していきたいと思います。

親子関係の悩みを解消するポイント
1.理想の親である必要はない
2.いつまでも子供扱いしない
3.夢を語れる関係を作る
4.挑戦することを応援する
5.失敗を悲観的に捉えない

1.理想の親である必要はない

親の気持ちからすれば子供にとって最高の親でありたいと思うことは当然のことです。でもその理想と現実のあなたのどちらを子供が見ていると思いますか?それは現実のあなたなのです。ありのままのあなたの姿を子供に見せていきましょう。

そして本当に子供にとって良い親でありたいのであれば、あなた自身の生き方をもっとシンプルにすることです。あなた自身が幸せになることが子供にとって最高の教育になりその背中を見て子供も幸せになろうとします。

自分は幸せにはなれなかったけど子供には幸せになってもらいたいというのは子供にとってとても無責任なことです。あなたを見て育つ子供はあなたのような生き方をするのでまずは親であり人生の先輩であるあなたが幸せになりましょう。

そしてその姿を一番近くで見せてあげるのが一番現実的な教育であり子育てと言えるでしょう。

スポンサーリンク

2.いつまでも子供扱いしない

思春期を迎える子供に対して気をつかう場面は度々あると思います。異性関係や将来の針路など子供にとってはとても大切な時期です。あなたもそんな時期がありましたよね?

その時、親にどんなことをしてもらいたいと思いましたか?もし自分が思うようなことがなかったとしても自分の子供に対して同じようなことをしてはいけません。親子関係の悩みの元となるのは思春期の親子関係が原因になることが多いです。

そして、子供は大人になろうとしているのに親はいつまでも子供扱いをすることで関係が悪化してしまうのです。なので子供の考えや行動に対して否定的な発言や態度、まだ子供なんだからというような接し方はせずに、なぜそう思うのか?どうしていきたいのか?を親身になって話を聴くことです。

もちろん間違った考え方をしてしまうこともあるかもしれません。しかしその殆どがあなたが思春期だった頃に経験をしたことだと思います。親としてではなく一人の相談相手として自分の経験を話し子供の選択肢の幅を広げるようにしましょう。

そうすれば子供はあなたを信頼し適切な選択ができるようになるでしょう。逆に子供の考えを否定をしてしまうとただのドリームキラーになってしまうので要注意です。

スポンサーリンク

3.夢を語れる関係を作る

今の子供は小さい時から習い事や塾など将来に向けた準備をしています。しかし、そこには子供が思い描くような夢はあるのでしょうか?普段から夢を語る親とそうではない親だとどちらが夢を持てる子供になると思いますか?これはいうまでもなく前者でしょう。

子供と夢の話をするときはあなたは聞くだけではなく子供に自分の夢を話すこともしましょう。私は小学校の時に父親の夢の話を聞かされた記憶が強く残っています。その時の父親は「木のお医者さんになりたかった」と言っていました。

6歳か7歳の時のわずか数分の会話でしたが40歳手前になってもその時の話を覚えているくらいです。自分の好きな人の夢というものは心に一生残るもので子供も夢を持つきっかけにもなります。

なので子供と夢の話をするということはお互いの心を開き、信頼を共有させることができます。こういった些細な会話から親子関係を悩ます亀裂や軋轢を抱くような子供にならないようにすることができます。

この行動は今現在、親子関係に悩んでいる人でも同じように悩みを解消させるためにきっかけにすることもできます。

4.挑戦することを応援する

人が成長するときには必ず挑戦をする必要があります。それは身体的なことでも精神的なことでも同じです。どんなことでも子供が何かに挑戦しようとしているときは止めるのではなく、失敗をしたときにそれを受け止め成功するまで後押しをしてあげることです。

幼い頃に自転車の乗り方を覚えた時のことを思い出してください。親はあなたが自転車に乗れるようになるまで応援してくれたはずです。転んで膝を擦り剥いても立ち上がって自転車に乗れるように頑張っているあなたをちゃんと見てくれましたよね?

そして一人で自転車に乗れるようになったとき心から笑顔で喜んでくれたはずです。挑戦を応援するということはこういうことの積み重ねです。自分ができないことだからといって子供ができないことと結びつけずにまずは挑戦させてみましょう。

子供の可能性を信じてそれを見守り成長を一緒に喜ぶことで親子関係に悩むことがあったとしてもそれを乗り越えられるようになります。

5.失敗を悲観的に捉えない

何かに挑戦をしたときには必ず失敗します。子供が大きくなるにつれて挑戦の難易度は高くなるでしょう。受験や就職活動、資格取得など一度ではできないことがたくさん出てきます。そんなときにその失敗を悲観的に捉えることはやめましょう。

それよりも挑戦している姿を讃えた方がよっぽど子供のためになります。親が悲観的だと子供にも伝染します。そして心の拠り所がなくなると子供は一番身近な親に責任転嫁をします。それしか手段がないからです。こういった関係性になると親子関係に問題が生じます。

なので子供には「失敗は成功のためのプロセス」であり、「失敗をすることは悪いことではない」ことを伝えていきましょう。関係性を円満に保つためにはこういったことの積み重ねが重要です。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事