optimize-my-life

理想の人生を生きたい人は「人生の最適化」をすることで今よりも過ごしやすい生き方をすることができます。多くの日が自らの「嘘」「見栄」「不満」などのネガティブなことに注目しすぎているために本来の「幸せになる」ということから離れていく行動を無意識にとってしまいがちです。性格を変えることや価値観を変えることは、ハッキリ言って無理なことです。

本来もっている資質を根本から変えることは不可能だからです。もっと単純に人生の最適化をするためには、もっとシンプルな方法を選択するべきなのです。これからご紹介する方法は今からでも実行できることもありますので、もし共感していただけるのであれば実践してみてください。そして、これらは想像の話ではなく、私が実際に行動して人生の最適化に近付いた結果をもとにご紹介します。

1.付き合う人を変える

「類は友を呼ぶ」この言葉はまさに本質を捉えています。自分の周りをよく見渡してください。もし、お酒を飲みながら周囲の愚痴をダラダラ話し時間を過ごす人がいるなら、あなた自身もそういったルーティンにハマっているでしょう。人を欺きながらお金を稼いでいる人が身近にいるなら、その思考にあなたは影響を受けています。なぜ自分は貧乏なんだろう、なぜ自分には彼女がいないのだろうと考えるのであれば、それは付き合う人の質が悪いからです。

だから、付き合う人を変えるのです。お金持ちになりたいのであれば、お金を持っている人と付き合う、彼女が欲しいのであれば女性との接点を持っている人の近くに行く、幸せになりたいのであれば、幸せに暮らしている人の近くに行く。ただこれだけです。自分自身を変えることはとても大変なことで、殆どの人が途中で挫折します。なのでもっと簡単な方法を選択してください。「付き合う人を変える」ことで簡単にあなたは変わります。

スポンサーリンク

2.時間の使い方を変える

毎日が憂鬱で生きている実感がない人は、時間の使い方を変えましょう。今まで朝起きて会社に行き帰宅して夕飯食べて、テレビ見てお風呂に入って眠る。この繰り返しでは人生を最適化することはできません。私が実際に時間の使い方を変えた方法は

・朝起きる時間を7:00から4:00に変えた
・記事の執筆を夜から朝に変えた
・朝ジムをやめて、自宅で6:00から体幹トレーニングをすることにした
・仕事の移動中はラジオや音楽ではなくオーディオブックで学習する
・出社した後はすぐに前日の反省や当日の段取りの再確認
・帰宅後に観ていたテレビをやめて、デザインの勉強を始めた
・寝る時間を0:00から22:00に変えた

活動時間は伸びてはいますがこの時間の使い方が私にとってストレスがなく一つ一つのことが集中できる配分になっています。時間の使い方は難しく捉えずに「変える」だけで十分に効果が出ます。辛いのは初めの1週間程度でしょう。後は習慣化されて自然と体がついてきます。これはできないと思えばできません。反対にできると思えば今からできることです。どちらを選択するかはあなた次第です。

スポンサーリンク

3.住む場所を変える

optimize-my-life

一気に環境を変えたい人は「引っ越す」ことで問題を解決できます。ただし闇雲に引っ越してはいけません。自分の理想の生活サイクルにあった場所に引っ越すのです。例えば通勤に30分かかるところから10分で出社できる場所に引っ越したり、健康的にカラダ作りをしたいのであれば、ランニングのできる公園やコースがあり、その近くにスポーツジムがあるところに引っ越すとか具体的に自分の理想である生活サイクルに沿った行動ができる場所に移動しましょう。

住む環境を変えることで受けられる恩恵は想像以上です。私は通勤50分かかる場所から自宅を売って賃貸のアパートに引っ越しました。通勤時間は10分に短縮して自分の自由にできる時間を増やしました。もちろん通勤時間だけのことではなく、趣味の海外旅行のため空港の近く、運動がしたいので広い公園、スポーツジムが車で15分以内の場所に引っ越しました。これだけでも生活の質はかなり向上しました。

もし、そんなことはできない!引っ越すお金はない!と思うのであればそれはそれで一つの選択なのでいいとは思いますが、私は借金をして今の場所に引っ越しました。そしてその結果、良い環境に住むことができています。自分を変えたいのであれば変化の決断をして、変えられないのであれば維持の選択をする、ただそれだけのことです。

4.お金の使い方を変える

毎月のクレジットカードの明細を見るとため息が出ます。知らず知らずのうちにどんどんお金を使っていることに気がつかされるのです。支払日って憂鬱になりますよね。でも、これらのことは自分が招いた結果であり、即座に修正することができるのです。お金に対して憂鬱になるのは使い方が最適化されていないからです。「無駄使いをやめる」これだけで変わります。

コンビニでお菓子を買うことをやめる、外食の回数を減らす、寝る前のネットショッピングをやめる。この3つのことをやめただけで毎月3万円は節約できるようになります。多くの人がお金を持っていない原因は「感情でお金を使っている」からです。感情には計算という言葉は存在しません。なので後精算のクレジットカードの明細に心を暗くしてしまうのです。だっら始めから感情でお金を使う機会を減らせばいいのです。これからもっと電子マネーが普及してお金を簡単に使えるようになります。今のうちからお金の使い方を最適化しておくことで将来のあなたの人生が変わります。

5.働き方を変える

仕事にやりがいを持っていない人はとにかく仕事が「苦痛」です。サボること、無になって延々と作業をすることで人生の大半を過ごしています。人生を最適化したいのであれば、今すぐにそんな働き方はやめましょう。どんな仕事でもやりがいを持つことはできます。しかし、それが自分にプラスになって返ってくるかは、その会社の経営者の考え方次第です。

なので、自分にダイレクトにプラスになるような働き方をするのです。私はどこにでもいる会社員です。でもこうやって毎日記事を書いています。記事の内容は自分自身の経験がほとんどです。仕事で感じたことや経験したことを記事にすることでダイレクトにプラスに還元されています。これは仕事に対しての意識の最適化をしているからできることなのです。

働き方を変えるということは生産性を上げることや会社への貢献度を上げることだけではありません。自分にどれだけプラスに転換できる要素を見つけるかということが重要です。だって同じ労力を同じ時間費やすのであれば得られるものが多いほうがお得じゃないですか?

6.言葉の使い方を変える

生まれ育った場所、家庭環境で覚える言葉や言葉の使い方は決まると思っている人がいますがそれは間違いであり言い訳です。言葉の最適化をする努力をサボっているだけです。あなたは小さな子供ではなく立派な大人です。自分で学び変化させる力を持っているのに周囲の環境のせいにして過ごしているだけなのです。昨日出会った人からある相談を受けました。周りから言葉使いを直したほうがいいと指摘されたことに腹を立てている人でした。

その人は「自分は海側の育ちだからどうしても言葉使いが荒くなってしまう、だから変えられない」と言っていました。私は「自分を変えられないことを周りのせいにしているうちは何も変わらないですよ」と伝えたところ、メチャクチャ怒られました。その人は言葉使いを直す方法の相談ではなく、「環境がそうさせたので仕方ない」と同意してもらいたかったようです。

確かにこの言葉は私の脳裏をよぎりましたが、あえてそれは言わなかったです。なぜなら、私も海側の貧しい家庭で育ったからです。言葉使いは荒く、人の傷つくこと平気でいうような環境で育ちました。でも、わたしの今の言葉使いは比較的穏やかなほうです。言葉は自分で選んで発するものです。誰の影響も受けるものでもありません。そして海側だからとか家庭環境が貧しかったからというのは言い訳であり、「大人であれば自分で言葉を選ぶことができる」のです。そしてその言葉の使い方次第で自分の環境を最適化できます。今、この瞬間からでも最適化できることです。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事