Old-age-Preparation

まず始めに大半の人たちが50代前後になると老後について真剣に考え始めます。今まで貯金をしていなかった人はどうやってお金を貯めようかと考え、資産を運用してくなかった人たちは効率の良い資産運用を探し始めます。

でも、お金以外での老前準備や人間関係の破綻を回避する準備など実は老前準備には色々やることがあります。老後破綻の予防策にはいくつかのポイントがあるので今日はそのポイントをご紹介していきたいと思います。

老後破綻の予防策
1.家計の収支を細かく把握する(保険、貯蓄、ローン、一般収支)
2.子供への教育(将来の独り立ち)
3.老後に過ごす環境を具体的に考える
4.生涯現役で生きる人は行動計画を立てること
5.貯金よりもお金の運用を自分でできるようにしておく

1.家計の収支を細かく把握する

以外にも自分自身の家計の収支をちゃんと把握している人は少なく、無駄な支出があったり、思っていた以上に収入が少なかったりすることがあります。なぜかというと独身者であれば特に毎月の支払いが滞ることがなければ生活ができるのでそれほど重要視していないこと、妻帯者であれば自分以外の人が家計全般を管理していることで実際の家計収支を知る必要がないからです。

では今後どうしたら良いのでしょうか?まずは毎月の家計のキャッシュフローを把握することですね。毎月いくらお金が入ってきて、いくらを何の支払いに使っているかを知ることです。単純な足し算と引き算ではありますがここがまず第一に知るべきポイントなのです。

自分の家計収支を把握したら次は今加入している保険内容を理解しましょう。生命保険・医療保険・自動車保険・災害保険はそのプランごとに補償内容が全く異なります。加入時には適切なプランを設定していても時間が経過するにつれて生活スタイルも変化していきます。

そうなると必然的にプランの見直しをする必要が出てくるのです。不要な保険は解約して必要な補償は増額するなどの見直しが必要でしょう。例えば毎月5000円でも保険料の削減ができれば年間で60000円もの節約ができます。

老後破綻の予防策の一つとして無駄な出費の節約と必要な保険の強化はとても有効なことです。保険の見直しができたら次はローン残高の把握です。主に住宅ローンと車のローンのことです。

この二つのローンは長期的な返済をするものですが中には金利の高い状態で支払い続けている人もいます。長期ローンの場合、毎年返済計画書が金融機関や信販会社から届きますので、それを参考に収入が安定している今だからこそ「おまとめローン」や「住宅ローン借り換え」などで無駄な支払いを抑えましょう。

スポンサーリンク

2.子供への教育

お金ばかりが老後破綻の予防策ではありません。お金と同等に大切なのが「子育て」や「教育」なのです。自分が年老いた時に子供の将来の心配をしていては身が持ちません。

体力や気力が思い通りに出せない状況になる前にしっかりとあなたの後を引き継ぐ子供へ「人生の教育」をしていくことをオススメします。私は30代中盤に人生の中で一番大きな壁にぶつかった経験があります。そんな時に「親の教育」が壁を乗り越えるヒントになったことを思い出します。

もちろんそういった苦難は経験をしないほうが良いに越したことはないのですがそうもいかないのも人生です。なのでしっかりと伝えられるうちに「仕事との向き合い方」「妻や子供との関係の築き方」「お金の捉え方」など人生で重要なことを考えを押し付けないように同じ目線で伝えていきましょう。

もし直接伝えることが困難な場合であれば手紙やメールなどで伝えてもいいと思います。私はまだ子供が3歳なので難しいことは理解できないので、今は娘のために「人生の教科書」をブログにして作っています。

こうすることで娘が大きくなった時にいつでも「人生のHow to」を伝えられると思ったからです。どんな方法であれ自分が伝えたいことを素直に聞き入れてくれる状況を親である私たちが作り、それを子供へ繋げていくことが重要なことではないでしょうか?

スポンサーリンク

3.老後に過ごす環境を具体的に考える

今住んでいる家は老後に適した環境にありますか?子供が大きくなり独立した後は夫婦二人では広すぎたりしませんか?住む環境とは「家」と「場所」のことを指します。この二つの見方は第一に「金銭的な視点」と「自分の希望としての視点」です。

物価が高いところに広い家に住んでいれば生活費や固定資産税などを多く払うことになりますし、年齢が高くなると行動範囲も狭くなり、あまり繁華なところでなくても良くなります。それに老後は海の見えるところに住みたいだとか家庭菜園をして生活をしたいなど各々で過ごしたい環境があるはずです。

この二つを基本に人生を共にする人と時間をかけて話し合うことをオススメします。そして話し合いがまとまったら自宅の査定額や売買に関わる諸経費などを事前に把握しておき、いざという時に満足した「家」と「場所」で老後を過ごせるように準備しましょう。

老後破綻の予防策としては少し意味合いが変わりますが、こういった老後に過ごす環境も少なからず影響はあることをご理解ください。

4.生涯現役で生きる人は行動計画を立てること

あなたは何歳まで働き続けますか?老後破綻を恐れるあまり、生涯現役を宣言しますか?今働いている仕事内容に魅力があり何歳になってもその仕事をやり続けたいと思いますか?仕事には必要性と魅力があります。現実的な経済課題と生き甲斐として仕事を選ぶ選択肢があります。

どちらの立場にいるかは別として生涯現役として働くためには年齢に応じて自分ができることを想定した行動計画を立てた方が賢明でしょう。80歳になってから体力勝負をするわけにはいかないでしょう。

それであれば80歳になったら若い人たちに仕事のコツや取り組み方を伝える指導者として経験を活かしたポジションでの活躍をするとか組織が円滑に行動できるような相談役のような働き方をすることもできます。こういった将来の自分に向けての働き方を模索することで老後破綻の予防策に繋がります。

5.貯金よりもお金の運用を自分でできるようにしておく

最後にまたお金の話ですが、今後日本では自分で資産形成を求められるようになるでしょう。それは最近の金融庁の発表や社会の変化ですでに気がついていると思います。具体的には貯金よりも投資などのお金を増やす運用をしていく必要があるのです。

そのためにはまずは「お金の教養」を身につけて自分で自分の経済的なコントロールができるようになりましょう。人によって持っている資産は違います。お金自体を持っている人や宅地や農地を持っている人もいます。もしくは今は何も持っていない人いるでしょう。

スタートラインは様々ですが「資産がないから諦める」というのだけは避けた方がいいでしょう。資産がなければ作ることから始めてそれを上手に運用するスキルを身につけましょう。

資産運用の方法は今の時代数えきれないほどあるのでその中の一つでも自分にあったものを見つけて極めていきましょう。そうすることが老後破綻の予防策になります。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは『エクスペディア』

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事