job-hunting-things-to-do

自分の思うような仕事に就けずに転職をする人、卒業間近なのに就職先が決まっていない学生などこの時期になると焦り出す人がたくさんいます。そういった多くの人たちが見落としている大切なことがあります。やりたい仕事や自分にあった働き方をするためには、面接を受ける企業を探したり、面接に合格しなければいけません。そのためにはきちんとした準備が必要です。今日はその準備をする時に見落としていることをご紹介します。

1.自分がどんな人間なのかを知る

就活がうまくいかない人は失敗の原因を「自己分析が足りなかった」といいます。では自己分析とはなんでしょうか?それは「自分の資質が働きたい会社と相性がいいのか?」ということを判断するために使うのです。しかし、働いてもいない会社との相性を測るには限界があります。ではどうしたらいいのか? それは根本的な自己分析を行い、それを指針に希望する会社を選ぶことです。好きなこととできることは違います。自分の性質にあった会社を選ぶことで、あなたの知らなかったやりがいのある仕事が見つかる可能性もあります。そして、自己診断にはたくさんの方法がありますが今、最も注目を集めているのがアメリカのギャラップ社が運用している「ストレングスファインダー」です。自己分析のコースがいくつかありますが私は「クリフトンストレングスのトップ5」がいいでしょう。有料で2340円しますが、かなり的をついた答えをもらうことができます。

スポンサーリンク

2.探す企業のジャンルを広げる

面接先を探す時「給与」「会社の規模」「年間休日の日数」などを基本に探す人がいます。それなりのスキルや適性がある人であれば自分の満足できる仕事に就くことができるでしょう。しかし、そういった人ばかりでないのも現実です。多くの人が仕事を探す時に注目するのが「大企業」そして個人向けの商品販売やサービス提供をしている企業に集中します。単純に考えると競争率が高いところに集まるということです。しかし、求人を出している企業はこういったジャンル以外にもたくさんあります。それは「企業間取引をしている会社(BtoB)」です。建築資材の卸会社やメーカー、調理器具の販売など企業が顧客の仕事をしている業界に注目しましょう。

スポンサーリンク

3.働きたい会社を徹底的にリサーチ

job-hunting-things-to-do

この会社いいな!って思ったら会社のホームページを見ますよね? でもそれだけでは足りません。会社概要などにある役員一覧から個別のSNSを調べましょう。面接時の回答材料にも使えますし、経営陣のこれからの会社の展望や考え方を理解することができます。この他にもIR情報で会社の経営状態を見るのもいいでしょう。IR情報の見方は勉強する必要はありますが、ライバルはそこまで見ません。そこが他との差別化になります。

4.面接練習をもっとする

本番でオドオドした回答をしていたらこれまでの準備が水の泡です。しっかりと面接練習をしましょう。一番いいのは、目の前にスマホを置いて模擬質問に答えている自分を撮影することです。これなら一人でもできますよね。実は自分が伝えたいことと話していることには相違が発生することが多々あります。なぜなら、人は「本当に伝えたいことを言葉にできる人が少ない」ということがあるからです。一発勝負の面接の場で伝えたいことをきちんと伝えられないというのが一番悔しいことです。なので、自分がどんな口調で、そんなスピードで、どんな内容を話しているかを自分自身で見ることが有効です。本番に向けてしっかりと自分の姿を客観視して練習しましょう。

5.面接での意気込みは不要

「一生懸命働きます」ではなく「〇〇についての成長を知ることで会社にどんな利益があるのかを考える」会社はなぜ人を雇うのか? それは会社に「今以上の利益をもたらすため」なのです。しかし、面接に来た人が「一生懸命働きます!」と元気よく言っても面接官にはその情熱は伝わりません。なせなら「一生懸命働くのは当たり前」だからです。それを踏まえて「あなたが会社に入ることでどんな利益を会社は得られるのか?」ということを知りたいのです。なかなかハードルが高いかもしれません。現状で明確な回答が出せないかもしれません。それであれば「未来形」で話しましょう。「私は現在、マーケティング戦略の有料セミナーを受講しています。これから私はマーケティングの能力を高め御社の利益追求に貢献できるように成長します」おそらく面接官が普通の人であればここから話が広がるでしょう。「どんなマーケティング?」「あなたにとってマーケティングとは?」「いつまでにどんな成果を出せる?」などです。ここをクリアすれば採用に一歩近づくことは言うまでもありません。

6.基本礼節を身につける

どんなに優秀でも「礼儀」を知らない人は採用されません。「個性を履き違える」ことはとても危険なことです。「挨拶」「歩き方」「座り方」「書類の渡し方」「文字を書く姿勢」など、そんなこと?!っていうことが重要です。なぜなら、会社には多くの人がいます。その中でコミュニケーションを円滑に進ませることも大切だからです。個性を前面に押し出すことで評価が不利になることもあります。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは『エクスペディア』

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事