気がついたら犬猿の仲!愛しているのに喧嘩が絶えない夫婦の特徴

あなたはなぜその人と結婚をしたのですか?

もちろん愛しているからですよね。

本当は仲良くしたいのに、今は喧嘩が絶えない。

そんな夫婦はあなた達だけではないですが、人生を共にする人と仲が悪いことはあなたにとっても相手にとっても良いことではありません。

人生の時間には期限があります。

後になって後悔しても遅いのです。

今日は夫婦喧嘩の絶えない二人にとってとても大切なことを記事にまとめました。

できればこの記事だけは「二人で一緒に読んでもらいたい」です。

はじめは仲が良かったのに今は変わってしまったのには原因があります。

1.自己主張が強い

連れ添う時間が長くなるほどその人に対して尊重や敬意が薄れていきます。

俗にいう慣れです。

この慣れは非常に危険で何でもかんでも相手に自分を押し付けるようになってきます。

自分がされて嫌なことや言われたら怒るようなことを平気で言うようになります。

当然言われた人は気に入らないので怒りますよね。

そして喧嘩になる。

語気も強いはずです。

そして本人はそれに気がつきません、周りの人もそういった夫婦間のやりとりまで介入する人はいないですし、間違っているといってくれる人もいないはずです。

なので代わりに私が言いましょう!

奥さん!

旦那さんに要求ばかりするのは間違っています。

旦那さんは毎日会社でストレスを抱えながらもあなたと人生を共にするために一生懸命働いているのです。

自分の裁量で旦那さんを計らないでください!

旦那さんはあなたが選んだ偉大な男性です。

そしてご主人!

奥様はあなたの家政婦でも母親でもありません!

あなたの奥様はあなたが一生をかけて幸せにすると自分で決めた女性です。

毎日奥様に感謝をしなさい。

そして敬意を持って接しなさい。

もう一度言います。

奥様はモノではない!

あなたが一生をかけて幸せにしなければならない女性です!

これを理解できれば自己主張でお互いを傷つけ合う場面は減っていくでしょう。

スポンサーリンク

2.喧嘩の引き際がわからない

大抵夫婦間の喧嘩の原因は些細はことです。

話を聞いてくれない、理解を示してくれないなどです。

そこから火がつき喧嘩になります。

そして慣れ過ぎてしまうと喧嘩の引き際がわからなくなります。

思い当たる節はありませんか?

女性はとても有能なのでご主人が口喧嘩で勝つのは至難の技でしょう。

かといって身体的なDVは絶対にダメです。

奥様もご主人に強い語気で言い寄ることはしてはいけません。

男性は萎縮する前に心の中では「闘争心」が燃え始めてしまいます。

そしてどうにもならなくなると自尊心を傷つけられたと思いあなたから心は離れてしまいます。

そんなの嫌ですよね?

感情的になる前に話の落とし所をある程度考えてから発言するようにしましょう。

疲れて家に帰った後に好きな人からあれこれ暴言を言われたりするとご主人がかわいそうですよ。

ご主人も昼間奥様は家事をしたり子育てをしたりと、とっても疲れているのです。

愚痴もあるでしょう。

そんな時「いつもありがとう」という気持ちで話を聞いてあげてください。

スポンサーリンク

3.結論を出してから話をする

「会社辞めたから!」

「休みの日ここに行くから!」

「定期預金解約したから!」

極端な例かもしれませんが相手に相談しないで結論だけ伝えていることはないですか?

同じ家で生計を共にしているのになんで勝手に決めちゃうの?

ここから喧嘩は始まります。

自分で決める前に「相談しましょう」あなただけの家庭ではないのですよ。

奥さんや子供がいて成立している家族なのです。

いくらお金を稼いでいたとしてもそれを支える人がいるから成り立っているのです。

例外はないのですよ。

必ず誰かがいて「夫婦」や「家族」なのです。

4.夫を立てることをしない

「夫を立てる」これができる家庭とできない家庭では夫婦喧嘩の頻度が全く違います。

夫を立てるとは「夫に頼る」「夫を褒める」「他人に夫の良いところを話す」ことです。

周りの人は言葉にはしませんが奥様の言動や所作をかなり見ています。

この人は夫をこき下ろして自分を主張する人だ。

奥さんのために働いているのに陰で旦那の悪口を言う人だ。

周囲にそんな人はいませんか?

自分の言動に心当たりはありませんか?

もしあれば今すぐにその考えはやめたほうがいいでしょう。

そういった人が近くにいたら付き合いを考え直したほうがいいでしょう。

そしてご主人は「うちの妻は私を立てることをしない」と嘆くよりもそれに相応しい男性になることに努力をしましょう。

お互いの意識が合致してはじめてそういった家庭が成立するのです。

5.自分はやることやってる精神

「私はやることはやっている!」

こう考えている人は相当ヤバイです。

考えを改める必要があります。

厳しいようですが家事や育児、仕事とは家族を持った時点で「当たり前にやるべき最低限の責任」のことなのです。

それを十分にやっていると考えて相手に押し付ける。

その思考こそ不十分なのです。

現実的に考えて奥様がやっていることとご主人がやっていることを交換した時にいったいどれくらいの人ができるでしょうか?

それほど多くはないはずです。

「私は家事や育児を十分にやっているのに旦那は仕事しかしていない。」

「毎月生活できる分のお金は稼いでいるのに妻からは感謝の気持ちが感じられない」

こういった心の在り方に問題があるのです。

どうしたら仲の良かった頃に戻れるの?

もう一度、仲の良かった頃の二人に戻ってみませんか?

恋人同士だった頃に訪れた場所に行ったり、昔一緒に観た映画をもう一度観たり、想い出をもう一度思い出してみてはいかがですか?

素直な気持ちで接することでお互いの気持ちは当時の心を呼び覚まします。

難しいことではないのです。

次の休みの日にでも一緒に出かけてみてはいかがですか?

これからの長い時間一緒に過ごす大切な人ともう一度仲良くしてください。

最後に

喧嘩の絶えない家庭での最大の被害者は「子供」です。

私が小さい時、両親は仲が悪かったです。

原因はお互いの「自己主張の強さ」と「喧嘩の引き際がわからない」ことでした。

そんな風景を目の当たりにして育った子供は結婚観に歪みができます。

それだけではありません。

人とのコミュニケーションにも影響します。

人の顔色を伺ったり、人と深く関わることに恐怖を感じたりします。

夫婦喧嘩の後に母が私に行った言葉は「喧嘩するほど仲がいい」でした。

大人になってわかったのですが母のその言葉は間違っているということです。

シンプルにそして客観的に考えて仲が良い関係の人は喧嘩しません。

もし私の母と同じように考えている人がいたら一言アドバイスをします。

「自分の人間的な未熟さを誤魔化すために子供に嘘をつくことは子供の将来に多大な悪影響を及ぼします」

子供が大切であればまずは自分自身の成長をすることが大切だと思います。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事