これから伸びる職業5選

これから伸びる職業5選

あなたが働いている業界は成長産業ですか? それとも衰退産業ですか?

今回は、これから就職や転職を考えている方必見の「これから伸びる職業5」をご紹介します。

あなたが働いている会社は、きっと素晴らしい会社だと思います。

しかし、今後の見通しが暗い業界に身を置いている可能性もあります。少しでもあなたのお役に立てたらと思い、記事を書いていきます。

目次
1,プログラマー
2,グロースハッカー
3,人材派遣・紹介(エージェント)
4,インターネット広告業
5,農業
スポンサーリンク

1,プログラマー

日々、IT業界は進歩しています。その中で人材が不足しているカテゴリーとして、プログラミングがあります。プログラミングには複数の言語が存在しており、簡単には習得できないスキルの一つとされています。

裏を返せば、このスキルがあるだけで待遇の良い会社への転職ができ、独立すらできるようになるでしょう。何故ならプログラミングは、PC環境があればどこでも仕事ができるという利点があり、リモートワークという働き方が認知されてきたからです。また、フリーランスや独立に躊躇する場合でも、会社員としてプログラミングを仕事にすることは高額な給与を得る手段の一つであると言えるでしょう。

現在はスマートホンが普及しているため、ゲームアプリやビジネスツールアプリがたくさんリリースされています。そして今後は、企業間の業務運用ツールとしてアプリが開発されるようになるでしょう。

海外ではもう、FAXを使う企業はほとんどないと聞いたことがあります。今後はアナログな通信手段から、スマートホンアプリを利用した受発注や社員管理などに変わっていくと思います。これは今あるインフラを有効に活用をしていける方法なので、合理的で現実的な方法なのです。

ここまででお分かりでしょうが、このようなアプリケーションを作る人は必ず必要になります。そうここで「プログラマー」の登場です。プログラマーを社内教育で育てることは非常に困難であり、求人という形で募集をすることがほとんどです。

もしパソコンやIT関連に興味がある方は、参考にしてみてはいかがでしょうか? 個人的には「Swift」や「PHP」などの言語が今後役に立っていくと思います。

スポンサーリンク

2,グロースハッカー

日本では聞き慣れない職業ですが、この「グロースハッカー」は今までにないスキルを持った職業です。

それは世界で最先端のIT職業の一つで、アメリカのシリコンバレーで始まり、日本でも急速に需要が拡大しています。グロースハッカーとは、会社や商品、サービスを成長(加速)させることを目的とした仕事です。具体的にはマーケティング・広告・グラフィックなどを総合的に行います。そして、測定数値というものを根拠としてトライアンドエラーを繰り返しながら成果を創造します。

例としては、Dropbox」「クックパッド」「Hotmailなどがあります。

Dropbox

Dropbox」はクラウドストレージサービスですが、今までにない紹介特典をつけることでユーザーが新たなユーザーを生み出すという手法で、爆発的に成長した企業です。

クックパッド

「クックパッド」は料理レシピサイトで、無料お試し期間やクーポンの配布などでユーザー数を伸ばし、ユーザー自身が料理レシピを投稿することでコンテンツを充実させるといった手法を創り出しました。

Hotmail

Hotmail」はもっとシンプルです。ユーザーが送るメールの最後に「PS I love you. Get Free Email(追伸 愛してるよ。Hotmailで無料メールをゲットしよう)」というメッセージをつけることでメール一通一通を「Hotmail」の広告に変身させ、ユーザー数を爆発的に増やすことに成功しました。

この3つの例から、グロースハッカーは「コストを最小限にとどめ、成果を最大にすることができる」職業であることが証明されました。

これはアメリカにととどまらず、日本でも今後需要が期待できる職業であることは言うまでもありません。

3,人材派遣・紹介(エージェント)

「有能な人材を即戦力で雇いたい」。事業主やオーナーであれば、誰でもが思うことです。

でも、転職先を探す人や就職先を探す人は、なかなかそういった人と巡り合うことはできません。そこでこの両者を引き合わせるエージェントが必要になります。

これは海外では一般的な職業ではありますが、現在の日本ではこのような高いスキルを持った人の紹介や派遣などを行っている会社は、ごく一部しかありません。

しかし、日本でも成果主義が浸透してきた現在では、自ずと必要になる職業ではないかと私は感じています。

4,インターネット広告業

インターネット広告とは、「Google広告」や「yahooスポンサードサーチ」などパソコンやスマートホン上で見ることができる、いわばCMのようなものです。

昨今、若者のテレビ離れが顕著化しているため広告の根本である視聴率が下がり、今後はテレビCMよりもインターネット広告の閲覧率の方が上回るのではないかと言われているほどです。

しかもインターネット広告は企業としての参入も比較的難しくなく、大きな資本も必要とせず、データや最新の情報をもとにパソコンのみでビジネスを行うことが可能です。

まだ大きな業界順位などは確立されていませんが、今後の成長が期待される業種の一つではないでしょうか。

5,農業

これまでの「これから伸びる職業」の業種とは一線を画し、意外な業種として最後に選んだのが農業です。この業種は転職や就職の対象としては少し色が違いますが、これから再成長する業界であると私は感じています。

世界的にも日本の食文化や製品は、高品質のイメージがあります。しかし日本国内では、外国製の安価な食品があふれています。このギャップが少しずつ埋まり始めているのをお気付きでしょうか?

それは食の安全の対する意識の変化です。消費者が「安ければいい」という考え方から、「安全な食品を選ぼう」というように意識がシフトチェンジされてきたことにより、国産の無農薬野菜や加工品の需要が高まり始めてきたのです。

現在でもすでにこういった食品は多く存在しますが、私が再成長すると言った意味は、これらの優良な食品を認知してもらうことが一農家であっても可能な環境になったからです。

それができるようになったのは、インターネットを活用した情報発信を行えるようになったからです。ブログやホームページ、Amazonや楽天市場など、インターネット上には多くの媒体が存在します。これらをうまく活用することで、農業の成長が大きく見込めると私は思います。

最近では、「シェア畑」などというサービスも始まっています。筆者である私も3年前から農業を始め、それを商品化して国内外に発信していますが、多くの方々に興味をもってもらえ、評価をいただけています。

農業という職種は、労力と時間がかなりかかりますが、その方法を確立ができれば大きな財産にもなりますし、地域への貢献ができるすばらいし仕事だと私は感じています。そして何より、多くの消費者から求められている業種だとも思います。

いかがでしたでしょうか? 最後は私の個人的な見解が多く含まれてしまいましたが、実際に体験したことをもとにした実感です。

この他にも多くの成長産業や職種は存在しますが、代表的であると感じた5つの職業を今回はご紹介させていただきました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

あなたが働いている業界は成長産業ですか?それとも衰退産業ですか?今日はこれから就職や転職を考えている方必見の「これから伸びる職業5選」をご紹介します。まずあなたが働いている会社は素晴らしい会社だと思います。しかし、業界によっては今後見通しが暗い業界に身を置いている可能性もあります。少しでもあなたの役に立てたらと思い記事を書いていこうと思います。

1,プログラマー

日々、IT業界は進歩しています、その中で人材が不足しているカテゴリーとしてプログラミングがあります。プログラミングには複数の言語が存在し簡単には習得できないスキルの一つとされています。裏を返せばこのスキルがあるだけで待遇の良い会社への転職や独立すらできるようになるでしょう、何故ならプログラミングはPC環境があればどこでも仕事ができる利点と実際にリモートワークという働き方が認知されてきたことがあります。また、フリーランスや独立という手段に躊躇する場合でも会社員としてプログラミングを選択することは高額な給与を得る手段の一つと言えるでしょう。特に今はスマートホンの普及でゲームアプリやビジネスツールアプリがたくさんリリースされています。それは需要があるからです。そして今後は企業間の業務運用ツールとしてアプリが開発されるようになるでしょう。海外ではもうFAXを使う企業はほとんど無いと聞いたことがあります。アナログな通信手段からスマートホンアプリを利用した受発注や社員管理などをするようになっていくと思います。これは今あるインフラを有効に活用をしていく上で合理的で現実的な方法ではないでしょうか?ここまででお分かりでしょうが、このアプリケーションを作る人が必要になります、そうここで「プログラマー」の登場です。プログラマーじた社内教育で育てることは非常に困難であり結果的に求人という形で募集をすることがほとんどです。もしパソコンやIT関連に興味がある方は参考にしてみてはいかがでしょか?個人的には「Swift」や「PHP」の言語が今後役に立っていくかと思います。

2,グロースハッカー

日本では聞き慣れない職業かと思いますがこの「グロースハッカー」とは今までにないスキルを持った職業です。それは世界で最先端のIT職業の一つでアメリカのシリコンバレーで始まり日本では急速に需要が広まっています。グロースハッカーとは会社や商品、サービスを成長(加速)させることを目的とした仕事です。具体的にはマーケティング・広告・グラフィックなどすべてのことを複合しておこないます。しかも、測定数値というものを根拠としてトライアンドエラーを繰り返し成果を創造する職業です。

例として「Dropbox」「クックパッド」「Hotmail」があります。

Dropbox」はクラウドストレージサービスを今までにない紹介特典をつけることでユーザー自身が新たなユーザーを生み出すという手法で爆発的に成長した企業です。

「クックパッド」は料理レシピサイトで無料お試し期間やクーポンの配布などでユーザー数を伸ばし、ユーザー自身が料理レシピを投稿することでコンテンツを充実させるといった手法を創り出しました。

Hotmail」はもっとシンプルにユーザーが送るメールの最後に「PS I love you. Get Free Email(追伸 愛してるよ。Hotmailで無料メールをゲットしよう)」というメッセージをつけることでメール一通一通が「Hotmail」の広告に変身させたことでユーザーを爆発的に増やすことに成功しました。

この3つの例から「コストを最小限に成果を最大にすることができる」職業であることが証明されました。これはアメリカにととどまらず日本でも今後需要ができる職業であることは言うまでもありません。

3,人材派遣・紹介(エージェント)

有能な人材を即戦力で雇いたい、事業主やオーナーであれば誰でも思うことです。でも転職先を探す人や就職先を探す人はなかなかそういった人と知り合うことはできません。そんな時にこの両者を引き合わせるエージェントが必要になります。これは海外では一般的な職業ではありますが現在の日本ではこの様な高いスキルを持った人の職業紹介や派遣などを行なっている会社はごく一部しかありません。しかし、日本でも成果主義が浸透してきた現在では自ずと必要な職業では無いかと私は感じております。

4,インターネット広告業

インターネット広告とは「Google広告」や「yahooスポンサードサーチ」などパソコンやスマートホン上で見ることができる言わばCMのようなものです。昨今、若者のテレビ離れが顕著化されており、広告の根本である視聴率が今後テレビCMよりもインターネット広告の方が上回るのではないかと言われるほどです。

しかも企業としての参入も比較的難しくはなく、大きな資本を必要とせずデータや最新の情報をもとにパソコンのみでビジネスをおこなうことが可能だからです。まだ、大きな業界順位などは確立されてきておりませんが、今後の成長が期待される業種の一つではないでしょうか?

5,農業

これまでの「これから伸びる職業5選」の中で意外な業種として最後に選んだのが農業です。これらは転職や就職とは少し色が違いますが、これから再成長する業界かと私は感じております。世界的に日本の食文化や製品は高品質のイメージがあります。しかし日本国内では外国製の安価な食品があふれています。このギャップが少しずつ埋まり始めているのをお気付きでしょうか?それは食の安全です、消費者が安ければいいと言う考え方から安全な食品を食べることに意識がシフトチェンジされてきたことにより国産の無農薬野菜や加工品の需要が高まり始めてきたからです。すでにこういった食品は多く存在しますが、私が再成長するといった意味はこれらの優良な食品を認知してもらうことが一農家でも可能な環境になったからです。それはインターネットを活用した情報発信です。ブログやホームページ、Amazonや楽天市場などインターネット上には複数の媒体が存在します、これらをうまく活用することで農業の成長が大きく見込めると私は思います。最近では「シェア畑」などと言うサービスも始まっています。

筆者である私も3年前から農業を始めそれを製品化して国内や海外に発信していますが多くの方々に興味や評価をいただいているのが現実です。農業という職種は労力と時間をかなり使わないといけないという点は正直ありますが確立ができれば大きな財産にもなりますし地域への貢献ができるすばらいし仕事だと私自身感じております。

そして何より多くの消費者から求められている業種だとも思っております。

いかがでしたでしょうか?最後は私の個人的見解が多く含まれる文章になってしまいましたが、実際に体験したことをもとに書かせていただきました。この他にも多くの成長産業や職種が存在しますがとりあえず代表的と感じた5つの職業を今回はご紹介させていただきました。

次回は「転職のタイミング」について記事をまとめたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

_


スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは『エクスペディア』

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事