フリーランスに向いている人と会社員が向いている人の違いとは?

働き方にはたくさんの選択肢があります。

今の日本ではアルバイトでも最低限の生活を送ることができます。

その反面、努力次第では億万長者になり自分の思い描いていた人生を歩むこともできます。

これらが全てその本人の意思決定において結末が全く違うものになります。

その大きな違いは自由に働き収入を得るフリーランスという働き方か組織に属して自分の役割を定年退職するまで全うするかでしょう。

しかし、それぞれの働き方には向き不向きがあります。

どちらが正解ということはその人によって異なります。

1.スキルアップすることを苦労と思わない人

暇な時間を持て余すことが一番嫌いな人や他の人よりも優れた人間でありたいと考えてそれを行動にできる人はフリーランスに向いていると言えるでしょう。

フリーランスで生きるということは生涯成長し続けなくてはいけないからです。

こういった人はプログラミングやマーケティングなどの高度な技術ですら一から覚えてそれを収入に変えられる可能性を持っています。

なぜならフリーランスに最も必要な要素とは「行動力」だからです。

それを持っている人はスキルアップすることを自体を苦労とは思いません。

それよりも自分が成長していくことに楽しみを覚え時間を惜しまずに学習する習慣を持っているからです。

スポンサーリンク

2.自責の感覚を持っている人

フリーランスになる前に会社員として働いている人はたくさんいます。

その人たちが組織の中で働いていて共通して感じる感覚は当事者意識と自責の感覚です。

自分には関係ないことでも「もしあの時自分ががこうしていたなら」「今回は失敗したが次回はこうしよう」などと当事者であることを想定した改善策や対応策を反射的に考えられる思考を持っているのであればフリーランスでも活躍できる要素を持っています。

なぜなら、フリーランスになった後に一番陥ってはいけない思考があります。

それは「次に何をしたらいいのかわからない」という思考です。

この思考に陥ると収入、仕事の両方が同時に停止してしまうのでフリーランスにとっての大ダメージになるからです。

改善策や対応策を反射的に考えられる人であればこういったダメージを受けることは少ないためフリーランスになっても安定した生活ができる可能性が高いのです。

スポンサーリンク

3.仕事が人生にとって最優先ではない人

働くことは大切だけど人生の中での最重要なことではないと気がついている人は会社に勤めていてもあまり成果を出すことができません。

なぜなら、会社員で評価をされるためには会社に貢献するために自分の人生をどれだけ削れるかということなのです。

会社員でイマイチの成果しか出せない人でもフリーランスになった途端に目を見張るような成果をあげる人もいます。

それは自分の価値観と環境がマッチしたからなのです。

今の状況で何かモヤモヤしていたり、仕事だけが人生ではないと感じているのであれば、フリーランスとしての人生の歩み方のほうが適している可能性が高いかもしれませんね。

私は働くことは人生の3割程度で十分だと思っています。

なぜなら、子供、家庭、老後、親などの個人的な責任は会社は負ってはくれませんから残りの7割をそういったことに費やすほうが健全だと考えています。

4.人生の主導権を自分で握りたい人

ハッキリ言ってしまうと会社員で働いていても人生の主導権は握ることはありません。

なぜなら、あなたは時間を労働という対価でお金に変える仕組みの中にいるからです。

人生の主導権を握るための条件の一つに「時間」があります。

まずそれが会社員であれば不可能なことなのです。

実はこのことに気がついていても会社員で居続ける人がいます。

そういった人はいつかは自分で人生の主導権を握ろうと考えています。

個人的にはその考え方は健全であり、早くそれを実現するためのヒントを見つけて欲しいと思います。

人生の主導権を自分で握りたいと思っている人はすぐにでもフリーランスになることをオススメします。

でもフリーランスは会社員よりもキツい生き方ですからね。

なぜなら全てが自己責任であり、それを助けるのは自分一人しかいないからです。

一人で人生に立ち向かうことが絶対条件です。

5.肩書きよりも一人の人間として評価されたい人

肩書きを「役割」と考えている人は「個人」を評価してもらいたいという気持ちが強くあります。

そしてその気持ちを行動に移すことができるのであればフリーランスに必要な価値観を持っていることになります。

肩書きというのは会社に属している間でしか効力はありません。

しかも会社内とその関係しているところでしか通用しません。

たとえば、株式会社〇〇の統括部長という肩書きでアメリカに行ってみてください。

おそらく殆どの人から「は?」「それで?」というリアクションが返ってくるでしょう。

日本を牽引するトップクラスの重役でない限り、肩書きとは小さい世界でしか通用しないツールなのです。

そのことを理解している人であれば「自分にどのようなスキルがありどんなことができるのか?」ということが重要であり個人のスキルが必要だという思考になるはずです。

そういう感覚がある人はフリーランスになっても選択を誤ることなく成功の道を歩める可能性が高いのです。

会社員に向いている人とは
1.会社に属することが安定第一と考えている人
2.組織の中で自分の役割をこなすことが好きな人
3.必要以上にお金を稼ぐとこに興味を持たない人
4.親を安心させられる生き方をしたい人
5.肩書きが自分の仕事の評価だと思っている人

1.会社に属することが安定第一と考えている人

毎日決まった時間に起きて平日は会社に行き定時まで仕事をして、その後に自分の好きなことや家族との時間を過ごすことが何よりもの幸せだと考えている人は、会社員でいることが最高の選択だと思います。

何よりもそれが一番の安定です。

終身雇用制の崩壊や年功序列は過去の遺産だと言われていますが今現役で働いている人たちの時代はまだその名残は残っています。

地方に行けばもっと根強くあります。

なのであなたが定年退職することまでは安定した会社員としての人生は確保されているでしょう。

余程の問題や反社会的な行動を起こさない限りは安心していいと思います。

安定と安心を仕事に求めているのであればネット上にある「人生をコントロールする方法」「独立起業で早期リタイア」などの記事は読まないほうがいいでしょう。

あなたにとって不要な情報でしかないからです。

なので会社員であることに不満がないのであれば今のまま会社員として仕事に熱中することが最良の人生を送ることに繋がるでしょう。

2.組織の中で自分の役割をこなすことが好きな人

組織の中で能力を発揮できる人がいますがそういった人は独立をしてはいけません。

なぜならその能力は決まった組織内でしか発揮できないことなのです。

伝表処理が正確であったり、接客マニュアル通りクレームを出さずに対応ができる、倉庫の管理が適切にできる、決まった時間内に商品を納品できる。

こういった能力や役割を果たすことができるのはその会社にいる間でしか財産にならないからです。

なのでそういった能力を長期にわたって発揮し続けるためには会社員として定年退職を目指すことが一番良い選択だと思います。

3.必要以上にお金を稼ぐとこに興味を持たない人

お金に執着心があまりない人や必要以上にお金を欲しがらない人は会社員に適しています。

会社の主な経費は人件費でありそれがあなたの給与なのです。

会社とあなたの間で金銭的な折り合いがついているのであればそれ以上求めるものはないでしょう。

会社も想定内で人を雇用できるのであれば満足するし、あなたも必要最低限の給与が毎月決まった日にもらえるのですから、それこそWinWinの関係です。

魔が差して「起業」や「フリーランス」に転身なんかはしないでくださいね。

必ず失敗します。フリーランスや起業家は「お金を儲ける」ということは絶対条件でそれ以上のことをしているのですから、スタートの段階で必要以上にお金を稼ぐとこに興味を持たない人は真逆の方向へ走り出してしまいます。

なので必要以上のものを欲しがらないのであれば絶対に会社員でいることの方が得策です。

4.親を安心させられる生き方をしたい人

あなたの親の世代は「正社員(社会保険完備)=絶対的な安定・安心」という神話のもとで価値観を築いてきました。

もしそんな親に向かって起業やフリーランスになりたいなんていった日には大きなショックを受けるでしょう。

なので親の安心を第一に考えるのであれば無謀なチャレンジは控えてコツコツと真面目に働くことが一番だと思います。

5.肩書きが自分の仕事の評価だと思っている人

人の価値観は様々です。株式会社〇〇の本部長や課長といった肩書きが自分のステータスだと思っている人もいます。

もしそれが自分の評価だと思い仕事へのモチベーションに変わるのであればあなたは会社員の鏡です。

人は組織に所属したい、その組織で評価をされたいという欲求を持っています。

その欲求が満たされる環境に自分がいるのであればそのままその道を進むことが最良です。

決して脇道に逸れて一攫千金を狙うような真似はやめてください。

今まで築き上げた地位が一気にゼロに戻ります。

確かに起業すればオーナーや代表取締役などの肩書きは自分でつけることができますが起業当初はそんなペラペラな肩書きは何の意味も成しません。

なので今いる会社で努力を続けて着実に地位を確立していく方が健全かもしれませんね。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事