Fraud-Company-Ascertain

使い捨てされるような働き方を望む人は誰一人いないはずです。でも、その会社は社員を使い捨てにするのか大切にするのかは実際に入ってみないとわからないのも事実です。しかし、少しだけ工夫して就職活動をするだけで「ブラック企業の回避」ができることもあります。もしも、現在ブラック企業で働いていて転職を考えている人、新卒で無駄のないキャリアを積みたいと考えているのであればお役に立てるかもしれません。今日はブラック企業で働いている人が転職を考えている時のブラック企業の見極め方をご紹介します。

1.求人内容でブラック企業の要素を見極める

有料の求人誌やサイトで大きく「未経験歓迎」や「アットホーム」というキーワードを多用している会社には要注意です。特に未経験歓迎なのに給与が25万円以上の企業はさらに要注意です。専門職でもないのに未経験で25万円払えるビジネスモデルって何があると思いますか?それは「営業・物売り」です。「売ったら売った分、給料を払いますよ!」とか「成果報酬」などということもあります。さらに「アットホーム」という優しい表現の裏には「サービス残業文化がありますよ」っていうことです。まとめると物販で初任給が高くて、その中に「みなし残業含む」と書いてあれば候補から除外したほうがいいでしょう。給料が高いことは魅力ですがその代わり、サービス残業は当たり前、パワハラ当たり前、モラハラが正義という環境が待っています。この他には「業務内容がわからない求人」(〇〇アドバイザー、オフィス〇〇コンサルタント)とかも危ないですね。あとは取扱商品が「ストックビジネス系」(月額制で販売される商品)これはウォーターサーバーの様に一度契約をすればそれ以降自動的に会社に収益が発生するビジネスです。要するに担当営業が辞めても契約自体が残るため会社に利益が入り続ける仕組みのビジネスです。こういったビジネスの場合、必要な人材は「売れる兵隊」です。売ったあとは辞めてもらえば会社にはそれ以降利益しか残らない仕組みなのです。

スポンサーリンク

2.面接を受ける前に確認すること

面接を受ける前にブラック企業かどうかを確認する方法がいくつかあります。まずは、

・「20:00以降に会社の様子を見に行く」残業をどのくらいの頻度でやっているかを見るためです。もしそこに勤めたらあなたもその時間までは確実に拘束されます。

・ネットの掲示板で会社の評判を確認する。実は事件や犯罪などを犯した会社でも社名を変えて同じ経営者が運営しているところもあります。数年前に治部の女性に性的暴行をして書類送検された経営者が会社名を変えて同業種で今も仕事をしていることもあります。ネットでは実名が公表されて被害がどんな内容かも書かれていることがありました。特に女性は気をつけたほうがいいでしょう。仕事に行って性暴力を受けたらたまったもんじゃないですからね。

・経営者のSNSをチェックする。経営者が普段どんなことを発信しているかで会社の程がわかります。私の個人的な考えですが、高級店での料理を頻繁にインスタで上げていたりしたらやばいです。これだけの時代に経営者が発信力のあるプラットフォームで料理の画像しかアップできないこと自体「激ヤバ」です。きちんとした企業であれば「今日は〇〇さんと会って、新しいビジネスモデルについて意見交換をしました。これからの〇〇業界には改革と改善が必要ということを発見できました」みたいな今、自分が何を考えて行動しているのかを明確に発信できるリテラシーがないことの現れです。

・ブラック企業マップで確認:https://blackcorpmap.com/これに載っていたら辞めたほうがいい

スポンサーリンク

3.面接に行った時に確認すること

社長もしくは面接官の服装と一般従業員の服装の差異をみましょう。なぜなら、利益配分のバランスが服装に現れるからです。バランスよく潤っている会社は社長の身なりがしっかりしながらも質素なことが多いです。お金の使い方をしっかりと理解しているからでしょう。逆に金の時計やよくわからない絵画などの装飾品を玄関や応接室に飾ってある場合は自己顕示欲の強い社長や社風のある企業です。性格が悪そうな社長でもお金に関して誠実であればしっかりとあなたを育ててくれるでしょう。「人が最大の財産」ということを理解しているでしょう。しかし、「人財とは?」「仕事は根気」などという根本的なことを初対面で力説してくる人の場合、面接段階からマインドセットを強制的にしようとしているので注意してください。表面上取り繕って入社した途端、態度を変える人もいますからね。

あとは社員の年齢層が30代〜40代が少ない場合も注意です。なぜなら、30代〜40代が結婚や出産、家の購入などで一番稼がなければいけない年齢です。それなのにその年代の人たちがいないということは「稼げない会社」ということなのです。生活ができないから、将来に不安があるから30代〜40代の社員がいないのです。これらは社員の乗っている車を見てもわかります。軽自動車や年式の古い車などが多く駐車場に並んでいるのであれば注意したほうがいいでしょう。

4.ブラック企業のあるあるネタ

・社長の車が外車(ベンツ・BMW・アウディなど)
・社長が総務も兼任している(好き嫌い査定が横行している)
・従業員50人以下の家族経営企業(社長がルールブック)
・営業者がなんと個人の自家用車(車両手当が出てもマイナスになる仕組み)
・変な助け合い文化がある(サービス残業、休日出勤の連帯感)
・インフルエンザに罹っても黙って出社(インフルエンザで休んだらその分給料が減るから)
・身内が死んでも休ませない
・「やることやったら帰っていいよ〜」(終わらないなら終わるまで働け!)
・厚生年金未加入
・バイトが店長代理
・働き盛りの30代〜40代がいない(将来性がない会社の典型)
・オフィスの中が汚い(根本的にダメ会社)

5.これからブラック企業はもっと増える?

ネットや厚労省で発表されているブラック企業は氷山の一角であり、日本中には何十倍のブラック企業が息を潜めています。そしてこれからもっとのその数は増えていくでしょう。景気の悪化が進むことで企業は生き残ることを優先します。そうなれば、わからない様に過重労働を強制したり、人件費の削減を行ったりするでしょう。それが当たり前の文化になるのは日本人特有の気質を利用したものです。一人一人が声を上げられない環境にして生き延びる会社は無くならないでしょう。生き延びるためには自身で新たなスキルを身につけ副業でお金を稼いだり、独立してフリーランスで生活ができる様に努力することがいいかもしれないですね。それでも会社員で生きたいのであれば、ある程度の覚悟をする必要があります。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事