Difference-between-Japanese-and-American

国によって文化や習慣が違うことはご存知だと思います。でも実際に現地に行ってそこに住む人たちと触れ合うことで大黒知ることができるのです。今日は私がアメリカに行くと感じる日本人とアメリカに住む人の考え方や行動の違いをご紹介します。日本人が好む自己表現の仕方や海外の人からしたら疑問に感じる日本人の考え方をまとめてみました。

1.謙ることが美徳の日本人とアメリカ人のギャップ

日本の社会で好まれる姿勢は「低姿勢」「謙る」「過小評価」なのです。能力の高い人がその力を発揮することで「妬み・嫉妬」に変わることを恐れているからでしょうか? もしくは日本で生活をしていく中でそれほど自分の力を発揮しなくても生きることができるからそうしているのでしょうか?

どちらにせよ周囲よりも自分はできない人間という表現をすることが実際の社会で好まれるのが日本ではないでしょうか? 私も会社員の時に「自分はポンコツなんです」「仕事ができない人間なんです」と言っていた記憶があります。

そういう言葉を発することで周囲は自分よりも下の人間と認識して必要以上の要求をしてこなくなるからです。「出る杭は打たれる」という諺がありますが立場が上の人は下の人が成長して力をつけていくことを嫌がる傾向がありそれを暗黙の了解として「低姿勢」「謙る」「過小評価」を求めているのでしょうか

?逆にアメリカでは自己主張ができなければ余程のスキルや特性を持っていない限り誰にも相手にされません。そのため、どんな時でも自分の考えや思想をはっきりと述べる人がとても多いのです。時には事実以上のオーバトークを繰り出す人もいますが害はありません。あなたは「脳ある鷹は爪を隠さなければいけない社会」と「ありのままの自分を堂々と表現して勝負をする社会」どちらが自分にあっていると思いますか?

スポンサーリンク

2.誰に見られているかの視点の違い

あなたは道端に空き缶を捨てたり、ちょっとしたゴミをポイっとしたことはないですか? そんな時、「誰か見ていないだろうか」と考えませんか。日本人は「誰か(人目)」に見られているかいないかで行動を判断する人が多い印象です。

逆に他の国の人の中には「誰か」ではなく、「神様」が見ているという視点を持っているのです。日本では物事の良し悪しを法律やモラルを基準に判断しますが、海外ではそれプラス「神の教え」で物事を判断します。時にはモラルや法律よりも「神の教え」を最優先に行動する人もいるくらいです。人の目を気にするのか、信仰する神の御前にいつも自分がいるのかを意識しているのかでは発言や行動に違いがあります。

スポンサーリンク

3.些細な関わりを持つことを大切にする

日本で生活をしていてカフェで隣り合わせになった見ず知らずの人と会話をすることはありますか? ほとんどないですよね。会話をするのは同僚や家族など自分の普段から近くにいる人たちばかりでしょう。

しかし、アメリカでは普通に駅で隣に座っている人やカフェで隣り合わせになった人と会話を楽しみます。これを「スモールトーク」と言い、知らない人とちょっとしたコミュニケーションをとることが当たり前なのです。私もアメリカに行くとカフェで編集作業や撮った写真の確認のためにカメラやパソコンを開くことがあります。

バックから出して3分以内には「何の仕事してるの?」「そのパソコンいいね!スペックは?」などと話しかけられます。これが当たり前なのです。そしてこれがきっかけで友達になったり、SNSでフォローしあったりという関係に発展していくのです。

4.他人に対しての敬意

最近、他人に対しての敬意を欠いた行動をする人のことを耳にします。あおり運転の挙句に人を殴ったり、子供に正しい生き方を教える立場の教師が同僚を物のように扱いいじめたり、誰かの父親の肖像を燃やして芸術と言ったりと理解できないことが多発しています。

そもそも「自分がされたら嫌なことを他人にはしても良いと思っている」ということに驚きです。そして、これらのことは「モラルを捨てれば誰でもできること」でもあり、何で誰でもできることをわざわざやるのかということにも疑問を感じます。

こういった他人に対して敬意を払うことを知らない人がいるという悲しい日本に対して、私の体験の範囲内ですが、アメリカでは「敬意(リスペクト)」という常識が存在します。チャレンジした人を讃えたり、人のために行動する人に拍手をする人がとても多いです。

5.生きることに対しての熱量の違い

日本はとても環境が整っている国なので大抵のことでは「生きる」という問題に直面する機会は少ないです。しかし、アメリカでは生きるためにはスキルが必要、スキルや行動力・自己主張がなければ普通に生きていくことは難しいと感じました。

その過程で自分の信念や未来に対してとても熱量が高く、自分はこれから何をしなければいけないのかをしっかりと考えて行動している人がほとんどです。何も考えず周囲と同じように就職してお金を稼いできた私からしたら衝撃でした。どちらが良いのかは個々の考え方によりますがこれらが私が体験した日本とアメリカに住む人の違いです。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは『エクスペディア』

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事