子供への5つの正しい接し方

多くのお父さんお母さんが子育ての仕方で悪戦苦闘されていると思います。

どんな風に育てたら良い子になってくれるのだろう。

接し方はどうしたら良いのだろうと悩む場面は多いと思います。

ましてやお母さんは子育て以外にも家事をしたり、お父さんは仕事をしたりと忙しい毎日を過ごしているでしょう。

時には子供と向き合うことを疎かにしてしまう瞬間もあるでしょう。

そんなあなたに今日は一部ではありますが子供への5つの接し方について記事をまとめていきたいと思います。

少しでも子育てのお役に立てたら嬉しいです。

1,話をするときはしゃがんで目線を合わせてお話ししましょう。

人は高い位置から何かをされることで威圧感を感じます。

これは大人でも子供でも親子でも共通して言えることです。

些細なことでもきちんと子供の目線に立って接することで自然と子供もその姿勢を身につけていきます。

それに同じ高さの目線というのは相手に安心感を与えます。

自分の親に安心感を抱くことはその子が親になってからも引き継がれ、人に優しく接することができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

2,お手本を見せる。

Children resting

子供の学習能力は大人よりも優れています。

言葉を話し出す年齢であれば多くのことを短時間で吸収することもあります。

そんな時にまず親であるあなたが子供にお手本を見せて正しいやり方を教えてあげてください。

あいさつの仕方でもお絵かきでも、おままごとでもなんでもです。

できる限りお手本を見せてあげましょう。

もし教えたことを間違ったとしても怒らずにそっと優しく教えてください。

誰でも間違うことはあります、あなた自身も毎日何かを間違えたりしてませんか?

間違えたなら次は正しくできるようにサポートしてあげましょう。

スポンサーリンク

3,「ダメ」という言葉はNGワード

「ダメ」という言葉は発音としても言葉の短さとしても非常に言いやすい単語です。

でもこの言葉は子供へは言わないでください。

理由はいくつかありますが一つは萎縮してしまうと言うことです。

自分より大きい人から「ダメ」と言われると言葉が出なくなったり泣きそうになったりします。

これは大人が言われても同じです。

ましてや人前で言うことで自尊心も傷つきます。

あなた自身がそういった接し方をされたらどうですか?

怒り出す人もいれば黙り込む人もいるはずです。

子供であればどうしたら良いかわからずに混乱して泣き出すでしょう。

子供に対しても「敬意」は必要です。

「ダメ」という言葉で片付けることをやめ「こう言うことは良くないよ」・「こうしたら良いよ」など方法や考え方を諭してあげましょう。

子供でも話せば理解してくれます。

4,暴力としつけは全く別物!

Man and young boy with video game controllers smiling

最近多くの虐待事件をニュースで見ます。

中には子供が亡くなってしまうケースもあります。

本当に心が痛くなります。

子供に暴力を振るう親の言い訳のほとんどがしつけのためと言いますが、

しつけのためなら殴っても蹴っても言葉で非難してもいいのかと言うとそうではありません。

それは人殺しや暴力行為をする人の捻れた考え方でしかありません。

一昔前はゲンコツや説教などと表現されそれを文化と認識している人もいますが、ハッキリ言って考え方がズレているとしか言いようがありません。

自分自身が暴力を受けたら抵抗をしたり誰かに助けを求めるでしょう。

子供にはその力や術がありません。

そして子供はいくら暴力を振るわれても親を愛します。なぜならその世界しか知らないからです。

それを知っている親はさらにエスカレートして子供に暴力を振るいます。

「しつけ」と言う言い訳で手をあげることは一切してはいけません。

「自分がされて嫌なことは他の人にもやってはいけません」その代わり「しつけ」は言葉で伝えましょう。

子供が幼く言葉を話せなくても繰り返し伝えれば理解してくれます。

5,一人でやろうとしていることを遮らない。

Children running to school

子供は何も考えずには行動をしません、

必ず目的があります。

その行動を親の都合で遮ることはしないでください。

代わりに何をしたいのか?

など子供のやろうとしていることをサポートしましょう。

怪我をしそうになったら助けてあげて、失敗しそうになったら支えてあげましょう。

お父さんもお母さんも忙しいと思いますが一瞬一瞬が子供との大切な時間です。

子供が大きくなったらなかなかそんな時間は取れませんしその時間こそが親子の思い出になっていくのですから。

お父さんへの番外編

お父さん、毎日仕事から帰ってきたらゆっくり休みたいですよね。

しかし、疲れているのはお母さんも同じです。

子供と接している時間が長いほど神経も使いますし家事もやっています。

帰ってきたら少しでも子供のお世話をしてください。

そして帰ってきたら子供に「今日は何をして遊んだの?」と問いかけてください。

子供はこう答えるでしょう「今日ねママとこんなことしたの、あんなことしたの」と、この質問には意味があります。

一つは子供との会話のきっかけを作ること、もう一つは今日1日あったことを子供にお話しさせることで1日で経験したことをアウトプットさせることになります。

これは記憶力や表現力そして創造力の向上に繋がるからです。大人でも同じです。

脳の性質上、インプットした情報を24時間以内のアウトプットすることでより多くの情報を自分のものにできるます。

子供であればより吸収力が高いのでぜひ試してみてください。

子育ては一番大変です。私自身も理解しているつもりです。

しかし、子供の将来を思えば頑張れます。

みなさんの子育てのヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事