camera-hobby-point

最近ではyoutubeやSNSなどで個人でメディアを持つことができるようになりました。それらを観ている人のなかには自らもメディアを持ちたいと考える人も出てくるでしょう。そんなときに真っ先に迷うのがカメラなのです。

スマホ内臓のカメラも性能は年々高くなっていますがやっぱり趣味として写真や動画を撮るのであれば一眼レフという結論に行き着く人もいます。今日はそんなカメラを趣味にしようと考えている人にお伝えしたい、カメラを買うときに注意するべきポイントをご紹介します。

1.一眼レフの種類とレンズの重要性

まず始めにカメラにはいくつか種類があります。それは「一眼レフ」と「ミラーレスカメラ」です。違いは一目瞭然、カメラ本体に「ミラー」が有るか無いかの違いです。そしてガチで写真をやるのであれば「一眼レフ」がオススメです。

理由は写真の撮れ高が違うからです。そして一眼レフには2種類あり「APS-C」と「フルサイズ」があります。個人的な見解で簡単にいうと「APS-C」は初心者向けでカメラ自体が軽く旅行やちょっとしたお出かけに持っていくのがちょうどいいサイズと重量です。

「フルサイズ」は画質や撮れ高が素晴らしく玄人向けのカメラです。その代わりフルサイズは基本的に重量はありますので覚悟が必要です。価格的にもレンズや付属品、本体もフルサイズの方が圧倒的に値は張ります。

しかし、ちょっとした写真が撮れればいいという軽い気持ちでカメラを趣味にした私は最初「APS-C」を買いましたが結局は2年後に高額なお金を払い「フルサイズ」を購入していました。経験をもとにハッキリとアドバイスをするとしたら「カメラを始めるなら最初からフルサイズを買え」と言うでしょう。

なぜなら値段は確かに高いかもしれないが、その分撮れる写真のクオリティが高いので結局最後にはフルサイズを買うのだから初めから買ったほうがお金の無駄にならないからです。

スポンサーリンク

2.静止画と動画のどちらを撮りたいか?

カメラには製品やメーカーによって得意不得意なところがあります。なのでカメラを買うときには絶対に「何を撮るのか」を決めてからカメラを選ぶことです。私は動画のメディアを作りたいと思ったのでバリアングルのフルサイズ一眼レフを選びました。

機種はcanon「6D-MarkⅡ」とcanon「5D-markⅣ」です。6Dはバリアングルで静止画や自撮りに最適で、5Dは街並みや被写体の動画を撮るときにファイル形式や4K撮影に優れていたのでこの2台の選定に至りました。

あとの理由はバッテリーが両者とも共通であることレンズの互換性があることが決め手でした。メーカーが違うとレンズの互換性もなかったり、バッテリーをそれぞれ持ち歩かないといけないので、その辺りも購入時に注意した方がいいと思いますよ。

スポンサーリンク

3.良い作品にはパソコンの知識が必要

今は撮った写真はカメラ屋さんで現像するのではなく自分のパソコンで見ることがほぼ100%だと思います。そしてパソコンで自分の作品を観た後に思うことは「この写真を加工してみたい」でしょう。そうなると次に必要になる知識はパソコンでの現像知識になります。

そして現像をするために必要なパソコンのソフトがありますが、私のオススメはAdobeの「フォトプラン」(月/980円)です。このプランはLightroomという現像ソフトと画像編集ソフトのPhotoshopがセットになっていてとてもお得です。使い方はyoutubeで観ればすぐに最低限の現像はできるようになるでしょう。

動画を編集したい人なら「コンプリートプラン」(月/5680円)でプレミアプロやaftereffectが使えますのでそちらを契約した方がいいと思います。ちなみに私は「コンプリートプラン」で動画の編集や静止画の現像をおこなっています。Adobe以外にもたくさんのソフトはありますが、使いやすさや細かいところまで編集したい人はAdobeがいいと思います。

4.制作した作品は見て欲しくなる

編集を自分でできるようになり、自己満足の範囲を超え始めると次に「他の人に観てもらいたい」という気持ちになります。これは自然な感情の変化であり誰しもに起きる気持ちの変化です。

ではどうやって自分の作品を他の人に見てもらいますか? お金を払って個展を開く? 友達を訪ねて作品を観てもらう? そんなことをしなくても家にいながら全世界の人たちにあなたの作品を観てもらうことができるのです。

それはSNSを使うことです。私のオススメは写真であればInstagram(インスタグラム)、動画であればyoutube(ユーチューブ)、あなた自身がカメラマン・写真家として評価されたいのであればFacebook(フェイスブック)がいいかもしれません。

これらは全て無料で作品を公開することができます。各SNSのガイドラインに沿って作品を公開していけばきっと地球のどこかにあなたの作品を高く評価してくれる人が現れるはずです。

5.お金がかかることは大前提という覚悟

最後に覚悟のお話です。フルサイズのカメラを手に入れると次にレンズが必要です。そして手ぶれ補正用のジンバル、屋外撮影用のNDフィルタ、画像や動画編集用のパソコンとソフトの契約などお金がかかります。この他にも撮影地に行くまでの旅費・交通費もかさみます。

それらをひっくるめてカメラを始めるには覚悟が必要です。私は海外の街並みや人々を撮影したいという気持ちに負けてカメラを始めました。これから毎年ニューヨークに行き撮影をして動画を編集してSNSにアップしていきます。

ため息が出るくらいお金がかかりますが趣味にはお金がかかるものと覚悟を決めてカメラを始めました。あなたはどんな写真や動画を撮りたいですか? きっとカメラを始めれば支払うお金よりももっと価値のある体験ができるでしょう。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは『エクスペディア』

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事