忙しいアピールをする人が仕事ができない本当の理由

忙しいアピールをする人が仕事ができない本当の理由

いつも忙しそうにしている人は、人に言われたことを優先的におこなう人や忙しいことを「美徳」と捉えている人、忙しそうにしている自分を誰かに見て欲しい欲求がある人など様々です。そんな人は頭の中がいつもタスクに埋め尽くされていて、毎日ヘトヘトになっているはずです。

会社に入ったばかりの新入社員や未経験のことに取り組んでいる人以外は「忙しい」という状況は実は好ましくないのです。今日は忙しいアピールをする人が成功できない本当の理由と改めるべき思考についてご説明していきたいと思います。

忙しいアピールをする人が仕事ができない本当の理由
1.なぜ忙しいのかを理解しないまま行動に移す人
2.忙しいことに酔いしれている人
3.「忙しい」がただの口癖の人
4.周囲の注目を集めたい人
5.忙しいアピールから本当の仕事ができる人へ変わる方法
6.圧倒的に効果のでる思考整理方法やその種類
スポンサーリンク

1.なぜ忙しいのかを理解しないまま行動に移す人

いつもバタバタしている人はいませんか?こういった人がいつも忙しそうにしているのには理由があります。それは行動に計画性がないということです。一見たくさんの仕事を抱えて忙しそうに見えても実は抱えている仕事はそれほど多くないことがよくあります。

もし自分がこういった人に該当するのであれば、動き出す前にまずはどういった順番で仕事をこなしていくかということを紙に書き出して頭の中を整理してから行動を起こしましょう。今までこういった経験がない人は初めは苦労しますが習慣にすることで今の仕事はおそらく半分の時間で済ませることができるでしょう。

これだけ時間を費やしても成果が出ないことに悲観的になるでのはなくほんの少しやり方を変えるだけであなたの仕事のパフォーマンスは劇的に変わります。何事も行動する前に頭の中を整理することがこういった人には有効な習慣です。

スポンサーリンク

2.忙しいことに酔いしれている人

忙しそうにしている人の中には間違った考え方で仕事をしている人がいます。それは「忙しい=仕事ができる」ということです。この考え方はハッキリ言って間違っています。それに気がつかない人がこういった思考に陥り無駄な時間を過ごしてしまうのです。

通常であれば特に周りに迷惑のかかるような思考ではないのですが、もしあなたの下に部下がいたとしたらそれは部下にとって悪影響になるでしょう。なぜならあなたのような思考を持った上司が上に立っていたらその価値観を部下にまで押し付けてしまうからです。

そうなるとあなたは影で部下から「あの人なんでこんなことで忙しそうにしているのでろう」と言われてしまいます。これが慢性化してしまうとあなたは部下に慕われるどころか「能力の低い上司」という枠院を押されてしまいます。私が20代前半の時にこういった上司がいました。

特に成績が良いわけでもないのに、なぜかいつも忙しそうにして夜遅くまで残業していました。

本人は気がつかないのでしょうがこれは単純に「仕事の効率が悪いアピール」をしているということなのです。もし心当たりがあるのであれば今すぐに考え方を改めた方が今後のあなたのためだと思いますよ。

3.「忙しい」がただの口癖の人

暇なときでも「忙しい」を連発する人っていますよね?実際こういう人は無意識にこの言葉を発しています。特に悪気があるわけでも誰かに注目されたいわけでもないのに「忙しい」とつぶやいています。

あなたの周りにそういった人がいたら単純に「この人またつぶやいている」とだけ認識しておいてあとは流しましょう。ただの口癖なのですから。でももしあなたがその当人であれば話は変わります。

「忙しい」というワードはネガティブな思考にさせます。仕事をして成果を出すというポジティブな行動に対して発言がネガティブであれば成果にも影響は出てきます。

マインド的な話だと思うかもしれませんが実はそうではなく、忙しいということに気を取られて本来の集中しなければいけない業務から目線が外れてしまいエラーを起こす可能性が高くなるのです。

そうなると本末転倒で何のために忙しい思いをしたのかわかりませんよね。なので「忙しい」という言葉の代わりに「できた」とか「次はこれをやるぞ」などの前向きな言葉に変えましょう。

そうすることで目の前のやるべきことに集中ができるようになり今までよりも短時間で効率の良い仕事ができるようになります。

4.周囲の注目を集めたい人

典型的な忙しいアピールをする人は周りから冷めた目で見られます。なぜなら忙しいのはみんな一緒なのに自分だけ忙しいと思い込まれると周囲の人は「何だこの人」と思われてしまいます。

一般的な会社員で極端に仕事量が偏ることはほとんどないのでこういった言動はあなたにとって不利な状況を作り出します。

もし周囲から注目を集めたいのであれば言葉ではなく成果で表現しましょう。そうすれば気持ちよく注目されるようになります。

5.忙しいアピールから本当の仕事ができる人へ変わる方法

まず、「忙しい」という言葉の裏に隠れた本当の意味を理解しましょう。それは「忙しい」=「私は仕事の要領が悪く能力が乏しい」と言っていることと同じことなのです。

なぜなら仕事の手順や効率を考えて一つ一つを確実にこなしている人は決して「忙しい」とは言わないのです。目の前にあるやるべきタスクの優先順位を決めて実行するという流れの中に「忙しい」という言葉は存在しないのです。

どちらかというを一つのことに集中できずによそ見をしていると自然と忙しいという言葉が出てきます。なので本当に仕事ができる人へ変わるためにすることは仕事の優先順位を決めてそのタスクをそのようにこなすことが一番正確で早いかを決めてから手をつけることです。

些細なことかもしれませんが実践してみると案外難しいものです。でも、これを習慣化することでかなりの効率アップができ忙しいという言葉も何処かに消えていきます。この行動の習慣化の先に「仕事のできる」未来のあなたがいますので、今日から実践していきましょう。

圧倒的に効果のでる思考整理方法やその種類など

「ブレインダンプ」「マインドマップ」などをご紹介していますので、一度ご覧ください。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは『エクスペディア』

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事