30代前半のビジネスマンがコッソリ習得したとても大切なスキル

20代を過ぎ社会人本番の30代に突入したのは良いけれど、この先どんな将来が待っているのか不安になることはないですか?

今日は30代を迎えて自分を見つめ直した時、特に自慢できるスキルのないビジネスマンがコッソリ習得した将来安心できるスキルをご紹介したいと思います。

もしあなたが今、これからの未来に不安を感じているならこの記事はきっと良いヒントになるはずです。

1.非言語(ノンバーバル)コミュニケーションスキル

社会生活をしていく上で他の人との差を広げるためにはコミュニケーション能力は不可欠な時代になってきました。

なぜなら会社にいても家に帰っても必ずそこには「人」がいてその人たちと円満な関係を築くことがあなた自身の将来を左右するからなのです。

では、コミュニケーションスキルを高めるためには何をしたら良いのでしょうか?

それは相手との距離感と掴むことです。

どんなに親密な関係の人であれ初めて会った人であれ各個人ごとによって超えてはならないボーダーラインがあるのです。

その距離感をいち早く気づくことでお互いに心地よい関係を築くことができるのです。

この距離感を測るときには注意することがあります。

それは「パーソナルスペース」です。

これは物理的な距離感では例えば電車に乗っていてあなたの隣の人が必要以上に近くにいるとなんだか不快な気持ちになったり、または大好きな人にピタッと寄り添われるとそれだけで心地よい気分になった経験はないですか?

言葉で表現するなら「物理的に最適な距離感」なのです。

これは「非言語(ノンバーバル)コミュニケーション」の一種であり、この距離感を掴むことで無意識のうちに相手に好意を抱かせることができます。

それ以外には「仕草」や「姿勢」もあります。

例えばあなたが話しているときに相手の体やつま先の方向が出口の方に向いていれが相手はその話を早く切り上げたいと心の中で思っていることや相手の触れてほしい話題になったときは口角が一瞬上がったり瞳孔がいつもより大きくなります。

この他にも話の最中に相手が口元に手を当てながら話しているのは「実はもっと話したいことがある」というサインだったりします。

こういった言葉以外の仕草などから相手の心理を読み取れるようになることで人との関係性をより良く築くことができるようになります。

スポンサーリンク

2.インターネットのスキル(サーチスキル)

よくわからないことがあるとすぐ誰かに聞く人がいます。

もしあなたが忙しいときにそんな対応を求められたらどう感じますか?

大半が面倒臭い、自分でなんとかしてなどではないでしょうか?

これは誰でも思うことです。

昔なら仕方ない事かもしれませんが今は一人一台インターネットにアクセスできるツールを常に持っています。

わからないことがあったときは人に聞く前にネットで調べる癖をつけましょう。

「ググレカス」とまでは言いませんが今の時代は「検索能力」が高い人ほど仕事が早く進められるのです。

ネット上には仕事で使う書類のテンプレートや挨拶文、ライバル会社の情報やマーケティング手法など様々な情報がたくさんあります。

それらを駆使することで未経験なことでもある程度のところまでは一人で仕事をすることもできます。

それは「仕事のスピード」につながるのです。私も数年前まではインターネットはゲームをするためにしか使っていませんでした。

しかし、あることを境に「検索能力」の重要性に気がつきました。

最初は調べたいことがあっても「何というキーワードで検索すればいいのかわからない」状態でしたが検索することを習慣づけることで自然と能力を身につけることができました。

結果としてこのスキルは検索する習慣をつけるだけで向上できる能力なのです。

スポンサーリンク

3.アウトプットスキル

ネットやセミナー、書籍などで知り得た情報はあくまで「知っている」だけのことです。これを自分の「スキル」と勘違いしてはいけません。

重要なのは「アウトプット」(実行・体験)することです。

私はこのアウトプットをするときの条件として知識を仕入れた24時間以内に自分で実行するというルールを設けています。

以前は本を何冊も読んでもその知識はいつの間にか忘れてしまい何の役にも立ちませんでした。

しかし、あるセミナー講師からアウトプットのやり方を学んでから飛躍的に情報の吸収力が増しました。

それは知識を蓄えたら早い段階で実践して失敗をしたらすぐにもう一度やり直す方法です。

この方法でWebコードやソフトの使い方を短時間で習得することができました。

もし、自分のスキルを高めたいと思い学習をしている人はその学習した時間を無駄にしないようにアウトプットを意識して知識を経験に変換させることをオススメします。

4.時間管理スキル(業務効率化)

会社での活動時間は基本的には8時間ですが実際その8時間の中で本当に仕事をしている時間は23時間しかありません。

人のパフォーマンスは個人差がありますが、実は「時間の使い方」がその差になっていることが多々あります。

職種にもよりますが「移動時間」「タバコ休憩」「次に何をしようか考える時間」などグレーな時間はその8時間に含まれています。

その中で実は一番無駄な時間は「次に何をしようか考える時間」なのです。

以前の私は目の前にあることを優先して仕事をしていたので残業が当たり前でした。

しかし、今は仕事に手をつける前に大まかな1日の流れを紙に書いてその中で具体的にどのような仕事をするか決めてから業務を始めるようにしました。

その結果今まで8時間使っていた仕事が3時間で終わり残りの5時間を別な仕事に注力できるようになりました。

必然的に1日のパフォーマンスも上がり残業することが全くない状態にまで持っていくことができるようになりました。

今では社員全員が同じ行動をするようになり生産性もあげることができました。

そして何よりもみんなプライベートの時間を充実させられるようになったことが一番の収穫でしたね。

まとめ

この記事に書いたこと以外にも習得した方が良いスキルはたくさんあります。

しかしコミュニケーションや時間管理は今後の仕事のやり方やプライベートでの円満は人間関係の構築するためにはとても大切なスキルなのです。

一度実践することを強くオススメします。

スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事