低リスク&安全リターンのスモールビジネス5選

低リスク&安全リターンのスモールビジネス5選

会社に勤める人生ではなく、自分の力で生計を立て充実した人生を過ごしたいと思う人は多いと思います。しかし、現実的に考えていくとどうしても「リスク」を先に考えてしまいます。事業を始めるとどうしてもリスクは付いてきます。

ではこのリスクをなるべく低い状態で始めるにはどんなビジネスが良いのでしょうか? 今日は低リスクで安全なビジネスモデルを5つご紹介していきます。

目次
1.技術職(ネイリスト・アイリスト)
2.クリエイター(アクセサリー製作販売)
3.無在庫ビジネス(転売・アフィリエイト)
4.情報提供(ブロガー)
5.便利屋(高齢者向けパソコンインストラクター・ペットシッター)
スポンサーリンク

1.技術職(ネイリスト・アイリスト)

手に職を持つことで最低限の資金で始められるのがネイリストやアイリストです。開業する上での2つのポイント。

サロン経験は必須(マツエクは美容師免許が必要)

まずサロンで経験を積みましょう。ネイルサロンやマツエクに行ったことがある人ならわかると思いますが、実際のサロンワークでは「技術」はもちろんのこと「会話力」と「施術スピード」が重要です。お客さんにとっては「技術」は当たり前のことなんです。

それ以外の付加価値がネイリストやアイリストには必要になります。この付加価値に気が付かず独立してしまうとあっという間に閉店の道を進むことになります。なぜここまで言い切れるのかというと、私は約8年程、美容業界で働いていたからです。

私の所属していたサロンでは総勢約100人のネイリストやアイリストが所属していました。これだけの人数がいれば独立する人は大勢いました。しかし、その9割は失敗に終わっていました。それは「会話力」と「施術スピード」にお客様が満足できなかったことが原因です。

ほとんどのメニューが1時間から2時間かかることに対して黙々と施術をしてしまうとお客様が飽きてしまい、その時の接客に満足できずに固定客にすることができないのです。これはかなりの死活問題なのです。

いきなり店舗を持たない

独立=店舗という考えはとても危険です。始めて起業する時は「経費」の計算ができないのです。私もそうでしたが大抵何かを始めるときは予算をオーバーしてしまいます。例えば家賃8万円の店舗を借りたとします。光熱費/2万円、通信費/2万円、広告費/8万円とすると合計20万円は最低かかります。

しかしこれだけではありません。材料費+ホームページ制作・管理費+店舗まで通う交通費+施術道具(消耗品)+接客用の飲み物など様々あります。なので最低限店舗の維持をするために毎月30万円から35万円はかかると思った方がいいでしょう。この他にあなたの給与が必要ですね。

給与が毎月20万円必要であればトータルの毎月損益分岐額は5055万円になります。客単価が3500円だったら月に142人~157人を施術して始めてサロンの利益が見えてきます。これってめちゃくちゃな数字なのです。休みなしで一日4,7人~5.2人の集客と施術する必要があります。

恐らく3ヶ月後には倒れてしまいますね。もし出資者がいたとしても現実的ではないのですぐに手を引かれてしまうでしょう。ではどうしたらいいでしょうか? それは自宅開業です。自分の生活スペースを少し削りミニサロンのスペースを設けましょう。こうすることで格段とリスクを軽減できます。

そして「完全予約制」にすることです。これは初め副業としてサロンを開くためです。売上が安定するまでは自宅で副業としてコツコツ始めるのがベストです。地道に固定客を広げてスタッフを増員できるくらいになったら店舗を構えましょう。

私の見てきた1割の独立したネイリストはみんなこの方法で店舗を持てるまでビジネスを成長させていました。

注意:アイリストは美容師資格と保健所への届け出などが必要なので自宅開業の際にはご注意ください。

スポンサーリンク

2.クリエイター(アクセサリー製作販売)

モノを作ることが好きな人はその作品を自分のブランドとして販売しましょう。まずはブランド名とロゴを決めましょう!それが決まったら作品の制作と販売をしましょう。まずはイメージを形にしましょう、初めは自分の作りたいものや売れるんじゃないかなと思うモノを作っていいと思います。

そのあとは情報発信用のホームページとSNSページを作りましょう。費用を抑えたいなら無料のサービスを利用すれば0円でできます。そして販促用のカードとチラシを作って販売体制を整えます。(チラシやカードはラクスルというサイトで作ると安くできます。)最後は「販売」です。

この販売がポイントです。知名度がないのに店舗を借りるのはNGです。初めは「ネット販売」です。Google検索で「ハンドメイド販売」とでも調べると多くの販売サイトがでてきます。それらに出品しましょう!大抵のサイトが固定費用なしで販売手数料(10%~20%くらい)だけで出品できます。

時間は多少かかりますが毎日こまめにサイトを装飾したりキーワード設定をコツコツやるとサイト内の露出が増えて売上が徐々に上がってきます。もう一つやるべきことはイベントや商店街などで開催される催事に出店することです。これは売上よりも市場調査の意識の方が高いです。

直接お客さんの興味を引くデザインや形を知ることができますし話をすることもできます。「お客さんが欲しいと思うモノ」を知るためにどんどん参加しましょう。小さな催事では15000円くらいで出店できるところもあるので調べてみましょう。オンラインとオフラインを同時に活用することが重要です。

3.無在庫ビジネス(転売・アフィリエイト)

ネット販売に興味のある人は手始めに「転売」から始めましょう。簡単な例としてAmazonや楽天市場の販売ランキングを調べて仕入れるべき商品を決めましょう。仕入れる場合は中国のECサイトや近所の激安ショップで商品を仕入れましょう。地道ではありますが結構いい線までいけます。

私の友人は転売する商品を「ドン・キホーテ」で仕入れていました。たまに売れ筋商品を安売りすることがあるそうです。低リスクを前提にビジネスを始めるなら普通よりも労力は必要になります。またアフィリエイトで稼ぐ場合はサーバー代+ドメイン代+有料テーマ購入代くらいで始められます。

できればSEO対策に有効だと思われるワードプレスでアフィリエイトサイトを作った方が良いでしょう。資金は年間23万円くらいでできます。アフィリエイトサイトの作り方やLPのコツなどは検索すると溢れるほどヒットしますので一度検索してみてください。

ASPもいくつもあり最初は「オープンASP」であるA8.netから始めたらいいかと思います。承認がおりれば「クローズドASP」で高単価の収入を得られるチャンスもあるでしょう。アフィリエイトはとても地道な作業と検索キーワードの選定スキルなど様々必要ですがスキルアップにかかる費用は0円です。

そして何より自分で在庫を抱えることがないのと「販売者責任」ありませんので一言で言ってしまえば「リスクなしビジネス」です。そのかわり労力はかかります。でもパソコンが好きな人であればストレスフリーでできてしまうかもしれませんね。

4.情報提供(ブロガー)

パソコンを使った低リスクのビジネスといえば「ブロガー」です。正直ブログ運営は根性と忍耐と好奇心と向上心があれば一人でも運営ができます。そしてGoogleアドセンスという1クリック円という広告収入を得ることができます。見る人が欲しがっている情報をネット上に投稿し続けることで収益を得ることができるのですがいくつかポイントがあります。

ブログはワードプレスがオススメ

多くの人に見てもらうにはSEO対策に特化したフォームを使うことをオススメします。ワードプレスは私が使った中で一番SEOと相性が強いと感じました。

本気の人は有料のテーマを買うこと

もちろん無料でもブログページは作れますが本気でやるなら12万円くらいの有料テーマを買いましょう。なぜなら見栄えのいいサイトを短期間で作ることができるからです。見やすいサイトやデザインの素晴らしいサイトはPV数も比較的早い段階でつかむことができます。

どんな記事を書くかが重要

記事の内容は「トレンド型」と「資産型」があります。一時的なバズを狙うのであれば「今のトレンドを記事に書く」、流行に流されず読む人にとって有効な情報を提供したいなら「資産型」の記事を書くことです。

毎日2000文字以上の記事を書く

短い文字で画像を多く使う記事もありますがやはり情報量が多い方が読者からの評価は高いです。評価が高ければサイトに再訪問してもらう確率は上がりますし、それに応じて広告クリック率も比例していきます。

このようにしてブログサイトを育てていくことで最終的には一つの会社を興せるくらいの収益を得る可能性は十分あります。また成長したサイトを販売することもあります。最近聞いた話では2人で作ったサイトを2年運用して10億円で売却したということもあるようです。

評価の高いサイトとは読んでもらう人にとって有益な内容の記事がたくさんあるサイトが一番評価が高いです。

5.便利屋(高齢者向けパソコンインストラクター・ペットシッター)

体を動かすビジネスとして手っ取り早いのは便利屋です。掃除、出張型パソコンスクール、ペットシッター、買い物代行などなんでもやります精神です。ポイントはメニューをきちんと作ることです。できることとそのサービスの価格を提供時間や労力に照らし合わせてきちんと計算して作ることです。

目分量で金額を決めるとどんどん低価格になって採算が合わなくなってしまいます。例えばお風呂場+洗面台清掃が6000円やパソコン訪問教習は一時間5000円とかです。できるだけ利用者に総額いくらかかるのかメニューを見ればすぐわかるような料金体系はオススメです。

手数料や登録料などを別途設けている場合もありますが、価格競争が起きればいずれ「0円キャンペーン」などが始まるので初めから明瞭会計メニューの方がお客さんにとっては親切だと思います。営業方法も飛び込み営業よりもチラシのポスティングやホームページからの集客を狙った方が後々楽にビジネスをできると思います。

いかがでしたでしょうか。これらのビジネスはやり方次第で低コスト低リスクで始めることができます。しかし、楽なビジネスは存在しないため代わりに労力は必要になります。今の自分の立ち位置や得意な分野でチャレンジしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 



スポンサーリンク
国内外のホテル予約はエクスペディア

旅行に必要な予約サイトは「エクスペディア」

多くの旅行予約サイトの中で、私が利用しているのが「エクスペディア」です。

他の旅行サイトと違うのは料金の安さのほかに宿泊先レビューの正確さが高いことです。

初めて泊まるホテルの感想やレベルが非常にわかりやすいと感じました。

あとはアプリの使いやすさですね。

ロード時間は少し気になりますが総合的な使い勝手は他の旅行予約サイトよりも格段に使いやすいですよ!

なので格安な航空券検索と旅先での宿泊はいつも私を満足させてくれます。

あなたオリジナルの旅を「エクスペディア」が実現させてくれます。

少なくとも私は大いにそれを実感しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事